JKMAX不二子さんと何度も会いたくなる理由



私が小さい頃、好きになる女の子はいつも“クラスで一番可愛い子”では無く、
どこか特徴的な“何か”を持つ女の子だった。


どちらかと言うと直感的な子。
熟考を重ねるようなタイプは苦手だ。


年齢を重ねた今。
直感タイプより慎重で穏便な女性とお付き合いしたいと考えるものの、
やはり気になる女性は昔と変わらないみたいだ。


不二子さんと会った時にそう思った。




いや別に、今思い返せば、不二子さんとの出会いは極めて普通だった。
JKMAXの回転コースで来てくれた女の子。


誰もがそうなってしまうように、
不二子パイに両手を合わせて拝んでから、それを充分に堪能させて頂き、
すげースゲー、と連発していただけ。


次の指名時にはもうちょっと奥まったOPを入れた。でもそれだけ。
それぐらい、本当に不二子さんとの出会いは極めて普通だった。


しかし、次の指名、そのまた次の指名と続けてしまうのは、
やはり特徴的な何かを持っているからだろう。


“特徴的な何か”を持つ相手に対して、私は羨み、嫉妬し、自分を蔑む。
自分が持っていない部分を持つ相手が羨ましいし、持ち合わせない自分を卑下するのだ。
と同時に、私はその相手を尊敬する。格好良い、カッコイイ。


尊敬出来るカッコイイ相手と、共に時間を過ごすのは楽しい。
時間を共有出来ること自体が私にとってリフレになる。
素敵な時間を過ごせる。

また、不二子さんという人は、よく考えられている。
一見自由奔放に過ごしているようだけど、そんなことは無い。
相手のことを見て、考えて、最適解を常に考えながら行動しているのが分かる。


派遣リフレだからといって、男性の誰もがエロを考えている訳では無い。
そのことを十分理解しており、その時々の最適解を出そうと努めているのが分かるのだ。
お陰で、(本当はこう過ごしたかったのになんか押し切られたな)、ということが無い。
kwt氏風に言うと、“CS(顧客満足度)向上”の方策が練られているのだ。


本人はきっと、そんなことしていない、と言うのだろう。
なんせ、人間性は鏡の法則だ、などと言う謙虚な子だ。
しかし、自分が優しくすれは相手も優しくなる、
相手が優しければ自分も優しくなる、ということに気付くだけでも素晴らしい。


人として尊敬できる、カッコイイ。
人の多様性を受け入れる寛容なココロ。
宝満たわわな不二子パイ。


ここまで揃っていて、入らない理由が無いのだ。
かなり主観を入れた形になってしまい、大変恐縮だけれども、
不二子さんの魅力が皆様に伝わっているだろうか。


ちなみに前回の指名時も、素晴らしい接遇で嬉しい思いをした。


当方は全く“そういった”気持ちでは無かったのだけど、
知ってか知らずか、仲良くうつ伏せでベットへ寝転び、
足の裏や肩をコスコスと擦り合わせながら仲良くお喋りをした。


これがしたかったのだけど、正に願いが叶い大満足した。

これからも、機会があればまた会いに行くことになると思います。
どうぞ宜しくお願い致します。




★JKMAX本日の出勤をチェックする↓★
http://jkaruaru.com/jkmax-2/jk/

こちらのLINEへJKMAXキャストのご感想をお寄せください

http://line.me/ti/p/QsfL8vVsDB

ご感想を送って頂いたLINE会員様は回転コースを3000円割引致します!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る