完全究極体美少女合法JKほのかちゃんの迫力にビビリ何も出来なかった体験談



こんにちは。アラフォーの者です。
前回、るるさんの体験談を送付させて頂きました。


他にもいろいろと喋っておりまして、楽しく過ごした訳なのですが、
まぁでもJKMAXの回転コースですから。次に来てくれた女の子のお話も、是非。


ということで、初めて日曜日の回転コースに入った私。


池袋駅東口の人出にビビり、
日の高い時間帯でもフル稼働する、セントラルホテルのエレベーターにビビり。

でも、るるさんが心を寄せてくれたので、良かった…と安堵していたところなのでした。


ピンポーーーン。

セントラルのベルが鳴ります。

るるさんに続く回転コースフリーの2人目が来ました。


「はいぃーーーーー。こんにちわぁーーー」
「失礼しまぁーす」
「ハイ、どうぞーーー。初めましてですね?」
「はじめまして。ほのかでーす。よろしくお願いします」

「ほのかさん…なんか聞いたことあるぞ…宜しくお願いします」


なんだか、また、とんでもない、美人さん、美少女が来てしまったぞ…!
思わず、むむむ…と考え込んでしまうと、

「ふふふっ」

と軽やかに笑うほのかさん。あらら、そんな所作も美しい。


「コート掛けてもいいですか?」
「どうぞどうぞ」


もちろんダメなんぞ言うもんか。
ただ、なんだかほのかさんからは美しい余裕も感じられる。



ささっと脱いでいくほのかさん。


「あれっ…なんか、すごいスリムな方だ…っ!」
「うっふふっ」
「あっはは。……えっ、身長は…?」
「身長は…63ぐらいです」

と言いつつ、ほのかさん、ご自分でお胸をムニュムニュっとされております。

「そ、そんな、…ことを言いながら、胸の位置を……」
「あっ、ゴメンナサイ……(ちょっとポーズをとって)…こんな感じです(ニコ)うふふ。」
「へぇーーー!すごぉーーーい」


ポーズをとる、美人・美少女…。
なんだこの完璧さは。

「なんか聞いたことあるぞ…!結構有名な方ですね…?」
「……どこの界隈で有名なのかは分からないんですけど…」
「JKMAX界隈で」
「あーーー、どうなんだろ。詳しい人はさぁー、どのキャストさんも知ってるって言うしー」
「ふむ」
「分かんない人は、いずみちゃんしか知らないって人もいるだろうし」
「うん」
「ちょっと分からない…フラットな目線で見れないんですけど…」
「そっか」
「でも、知っててもらえて良かったです!ありがとうございます。うふふっ」
「あの、ちなみにものすごい初心者なんで」
「あ、そうなんですね!今日は何回転なんですか?」
「おっと…。えっと。『3』なんですけど…」
「うんうん!」
「頼んどいてなんですけど、入れ替わり立ち替わり来るんで、お腹いっぱいですね」
「ほーーーー。おなかいっぱいですか…」
「いやだってねぇ。女性と……。緊張しちゃうんですよ」
「うんうんうん。……前の女の子は可愛かったですか?」
「ぶぶっ!!うん、ハイ」
「おぉーーー!ん、あれ?どうしました?」
「えっ…。カ、カワイイ子しか…いないんでしょ?」
「いやぁー、それはさぁー、いろんなタイプの女の子がいるわけだからさぁー」
「うんうん」
「どの女の子がタイプかって、また別じゃないですかぁー」
「まぁ」
「なんでー、お客さんにとって、今日は楽しかったのかなぁー?って」
「なるほど!」


この美人・美少女、しっかりしてます…!

「ほのかさん…雰囲気としては女子大生でも…」
「あ、ありがとうございます」
「え、おいくつなんですか…」
「18です」
「あ…、あまりにお綺麗なんで、ちょっと上なイメージを伝えちゃったね…」
「まぁでもそんなもんじゃないですか?うふふふ」
「他のお客さんにはどうって言われる?若く見られるのか、おねえさんで言われるか…」
「んと…、私の年齢を知ってて入って下さる方が多いんで…」
「あ、そっか、そうだよね。ゴメンよ、前情報が少なくて」
「HPとかコメントで18だって書いてあるのを見て、予約してくれる方が多いので」
「なるほど、なんならそれが目当てみたいな…」
「どうなんでしょうね。分からないけど。でも、MAXの子はみんな若いからぁー」
「ほうほう」

という話をしてるんですけど、ほのかさん、目線を外さず見つめるタイプの子だ。
美人・美少女のお目目がずっと私を見ている。
き、緊張してきた…!

「なぁーんだか、すごい!お綺麗ですね…!」
「あっ、ありがとうございます!」
「こんな美人さんも、回転コースでやって来るのね!」
「来ると思いますよ。顔もカワイイ、スタイルも素敵な子、いますよ」
「そうなのね!…ってか、だんだんお目目が見れなくなってきました…!」
「うふふふっ」

もう、お互い見つめあってるので、なんだかにらめっこ状態です。

「お客さんがどんな子がタイプかは、今私は分からないですけどー」
「うん」
「もっと小柄で、ロリっぽい子が好きってことなら、私とは合わないだろうしー」
「うん」
「ギャル系がーとか、おっぱい大きい子が好きーとか、私とは合わないだろうし」
「いろんなタイプがね」
「そそそ。どこで合格点になるのか分からないので、探り探りやってますね」

ふむふむ。ご自身をわきまえてますね。
本当にしっかりしています。逆になんでこんなにしっかりしてるんだ、ってぐらいです。

「スタイルめっちゃ良さそうですよぉぉぉ!?」
「ぶっちゃけそうでもないですよ」
「なんでよ!?笑…そうなの?」
「うんーーー。太ってないだけで」
「……それすごいじゃん」
「大体太ってなくない?ふふっ」
「そうかな?」
「ぽっちゃりやってる子は、好きでぽっちゃりやってると思う」
「ちょっ……き、厳しい……」
「ニーズに応えてやってるのであれば…」

もう…なんか…、目を合わせ続けながら話すの、内容からしても…意識が高すぎてしんどく…汗

「細いね!って言われるけど、MAXの中では別にそんなこともなくて」
「ふぅーーーん。なんか、スリム担当なイメージ。今見ててもだし」
「あーーー。いや、ホントに細いって言われるけどぉー、お兄さんも細いじゃないですか」
「細いって言われる」
「別にさぁ、頑張って維持してるわけではないでしょ?」
「いや、年齢も年齢なんで、だいぶ気にしてるよ?」
「あ、気にし始めた?」
「ラーメン食べたら次の日はなし。食べなかったら次の日痩せる」
「マジ!?へぇぇぇぇぇ」
「うん、これは明らかなので。体重計も毎日乗る」
「マジですか!わたしもう半年ぐらい乗ってないかも…」
「すげえええぇぇぇっ!……女性でこんなこと堂々と言えるってなかなかだよね…」

これ。転じて、元々ものすごい系美人・美少女ほのかさん、ってわけなんですかね。

「もうなに、自分で自然と分かっているからなのかー」
「うん、そう」
「あれぇぇぇ、すげぇぇぇ」
「体質…がもし変わって、あれって気になってきたら、私は絶対ダイエットするしー」
「うん、そうね」
「ダイエットして痩せたら胸って減るじゃん。…だから痩せないってのももちろん分かるし」
「ほう」
「むちっとボディーは売りになると思うしー」
「あっはは!」
「だからなんだろうなぁーーー。あんまりー、あんまり誇らしくないんです、別に」
「そうなの!?」

極める人は極めていこうとするんでしょうね。
そりゃ考えもしっかりしていきます。

「私の上をいくスタイルだとー、MAXのめろんさん(左)が!多分一番スタイルがいいです」

「あぁ…。聞いたことがある…」
「身長が高いとか。脚が長いとか。そういう生まれ持ったスタイルのことじゃなくて」
「うん」
「普通に、私を、もっと強調したスタイルです」
「こんな…(手でやってます)」
「そそ。だから、ボン!キュッ!キュッ!です!」
「はぁ~。へぇ~(さすがに想像してしまいます)」
「脚もぉー、私の半分ぐらいしかないです。細くて…。太もももこんぐらいです」
「ちょっ…なにそれ!?」

ほのかさんが自分の脚を使って説明してくれますが、いやいやそれは…。
てかほのかさんだって素晴らしい脚です。思わずワンタッチ・ツータッチです。

「ちょーーー寒そう。脚が細くて」
「ふはは」
「めろんさんが私のことを知ってるか分からないですけど、私は知ってるんですよ」

すごくうれしそうにニコニコと話しています。

「ほんっとに!脚が細い!カモシカぐらいしかないんです!」

「そうなのかーーー。でも、きっと多分、そんなにストイックじゃないんだろうね」
「ストイックじゃないと思います」
「多分、“自動的な”やつ…」
「そうそうそう」
「笑」

さすがに。女子が女子を見る目は確かなのでしょう。

「いちばんー、モデル体型なのは、さらさん(右)って方でー」

「脚長い人だ!」
「ちょーーーーー脚長いんですよぉ。びっくりした、私。ホテルの下で会って…ハッ!?って」
「いやでもそれって分かるの?いろんなお店のいろんな子がその辺歩くんでしょ!?」
「いやさすがに分かるよ。170cm超えるような女の子いないもん」
「な、なるほど…」
「私がぁー、男の人だったらぁー、自尊心をやられるぐらいすごい脚です」
「あはははははっ!」

包み隠すことなく、言いたいことをどんどん言える美人・美少女。強いです。羨ましい。

「ちょっと…、今までの話の中で、私の知らないJKMAXの世界がまだたくさんあるわけね?」
「うんー」
「序の口だね?私の今までは」
「うん笑。たぶんー、さっき乗ってきたエレベーターも、女の子にペコってされて」
「うんうん」
「私は誰だか分からなくて。MAXの子かどうかも分からなくて」
「なるほど。でも、MAXであっても他店であっても、認識されてるってだけすごいよね」
「自撮りとか顔写真とか載せてるんで…」
「いやぁー、すごいなぁー。こんな話を聞けるとは思ってなかったなぁー」
「うふふ」
「こんな話をしてきましたけど…、大丈夫でした?」
「大丈夫です」
「あのー、ちょっとですねー。あまりにも綺麗すぎて、なんか、タッチするのもはばかれるよ」
「うふふ」
「さっき触っちゃったけど」
「あ、いいですよ」
「う、美しすぎるのも、問題ですな」
「いや、全然…」

雄弁だったほのかさんがちょっと困惑顔だ。
あ、また要らないことを言ってしまったのだろうか…。

「あ、あのー。ご指名のお客様方は、“そういう”目的の方も勿論いらして?」
「うんうん」
「もしそんなような場合になれば…ある程度…される訳ですかね?」
「うんうん。ある程度されまーす」
「笑。……なるほど」

こんな美人・美少女とある程度されるって、なんなんだ!
かたや美しすぎてすぎて、タッチもはばかるアラフォー。
格差社会。

「回転であっても、ある程度したりされたりしてもいいかなーって普段考えるんですけど」
「うんうん」
「あまりにお美しいので…」
「いやいやぁー」
「多分なにも起きないし起こせないのですが、それについてはどうお考えですか?」
「いや別に全然…。なにも気にしないですよぉー」
「…大丈夫?」
「はいー」
「美しすぎるって…なんか、すごいね」
「そんな人いない。うふふ。そんな、オプション…緊張しちゃうよ!なんて人全然いない!」
「ふーーーん」
「MAXに来るお客さんてー、3タイプぐらいあってー」

曰くこうだ。

①来たことある、急に来る、遊び慣れてる人
②初めて来るが、システムとか遊び方が分からない人
③何となく予備知識があって、行きたくて悶々としていて、やっと来ましたって人

「初めてくる人とか、予備知識なく初めましての人は、正直ちょっとやりにくい…私もキョどる」
「ごめーーーん笑」
「『えぇーーーホントにちゃんとマッサージされるんだと思ってたー』って人もいるしー」

『PI PI PI PI PI . . . 』

いろいろお教え頂いていたら、時間になっちゃいました。

ファッションでもよく見られるようにという気遣いがあるそう。

自分を活かせる武器をちゃんと把握しつつ、
若干まだ18歳のほのかさん、とても18歳とは思えないしっかりとした考えで、
まるでプロ選手かのような働きをしておりました。

恐れ多くタッチすらはばかる、などという私の様なしょぼい考えではお話になりませんね。
なにに対して遠慮しているんだ、と。
もっと強く生きねば。ほのかさんから教わりました。





★JKMAX本日の出勤をチェックする↓★
http://jkaruaru.com/jkmax-2/jk/

こちらのLINEへJKMAXキャストのご感想をお寄せください

http://line.me/ti/p/QsfL8vVsDB

ご感想を送って頂いたLINE会員様は回転コースを3000円割引致します!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る