11/6~11/8の3日間、最強の店JKMAXで店長業務をした結果byあいな



○3日間店長業務を終えて○

あいなです。

11/6〜8の3日間ゆうかさんと2人で店長業務をさせて頂きました。

3日間の感想はひと言でいうなら「凄く大変」です。

慣れていないからなのかもしれませんが、キャストとして3連勤することと店長として3連勤することは全く違った疲れがドシンと体にのしかかって、3日間ずっと泣きそうでした。

凄く大変ではありましたが「仕事をしている」というやりがいを感じられましたし、とても濃くて充実した3日間になりました。

この3日間は、前回店長業務をさせて頂いた時よりも沢山の反省点や良かった点が見つかりました。

まず、反省点は、

・人気キャストの予約のダブりが生じてしまったこと
・予約のキャンセルがキャスト、お客様、店側が意思疎通できてなく、人気キャストの空き時間がでてしまったこと
・細かいミスがあったところ
・まだ全ての店長業務の仕事ができないこと

です。

これらは、前回とはまた別の反省です。

今回目立ったのが、ご予約のミスです。ご予約がに誤りがあってしまっては、キャストが損をする上にお客様への信頼を無くしてしまいます。そうなってはいけないのでしっかりと把握して常に細かく確認することが大切だと思いました。

MAXは1時間前の確認電話や部屋が決まった電話などが一斉に鳴る00分と30分が特に忙しいです。この電話やLINEが連続する時間帯に受けたご予約が記入漏れしてしまったり、ミスがあったりしました。

また目立ったことではなくても細いミスが積み重なって大きな問題になってしまっては取り返しがつかないので、ひとつひとつ一度したミスは二度と犯さないように意識します。

そしてパソコンでの仕事がまだできないためお休みのくわたさんにして頂くことが沢山あり、まだまだだなと思いました。くわたさんへの負担を減らせるように早くなりたいと思いました。


次に、良かった点は、

・2.3日目は目標を本数、売り上げを達成できたこと
・電話で迷ってるお客様を良く誘導してお越しいただけたこと
・萌えナビの更新など電話をとる以外のことも常に意識して行えたこと
・3日間お茶をひく女の子がいなかったこと

です。

店長業務を任せられた初日は、メンバー強いのにコケました。「月曜日だからしょうがない」と思いたくなりましたが、外的要因に目を向けて安心するのは1番ダサいので、どんな状況であろうと自信を持ってお客様に派遣出来るキャストが揃っている以上、私たちがもっと自信を持ってPRし続けるべきでした。

初日の営業が終わってから2日目、3日目に備えて私たちの出来る準備を本気でやらせて頂きました。その準備の成果が、分かりやすいくらいに当日でたことが嬉しかったですしホッとしました。

業務に追われてPRがおそろかになってしまうと、せっかく出勤してくださったキャストに申し訳ないですし、せっかくどこで遊ぼうか検討してくださっているお客様に申し訳ないです。リフレで楽しみたいと思って頂いているお客様が1番楽しめる場所は、絶対にMAXです。その事実をお客様に伝わるように伝え続けなければお客様に損をさせてしまいます。

現実的な売り上げ、本数に対する意識が上がってきた上に、目標を達成できてとても嬉しく思いました。ひとつひとつの電話が勝負だと思い、また深夜も携帯を常に側に置きいつでもご予約、お問い合わせに対応できるようにしました。本当にしんどかったですが、2日目、3日目の数字に表れて感謝しています。

接客業を主とする企業での研修や、社風を打ち出す企業理念の中の言葉で、「お客様は神様です」というものがあります。私たちの準備をお客様はちゃんと見てくれていて気付いてくれていて、MAXに来てくださったのかなと思いました。頑張っているところを神様は見てくれています。

以上の反省点、良かった点を踏まえて、今後の課題は、

・予約に対するミスは絶対に起こさない
・キャストが損をすることをしない
・お客様の信頼を無くさない
・このままではなく出来る仕事を増やしていく
・もっともっと沢山の人にMAXを知ってもらい、来ていただけるような努力をする

など、課題は挙げればきりがないほどあります。

3日間、くわたさんがいない状況でする店番業務は本当に不安なことが沢山ありました。

けれどゆうかさんと協力して良くお店を回せたと思います。けれどまだまだ力不足な自分に腹が立つこともありました。

良いお客様ばかりではなく、優柔不断な方や中には冷やかしで電話をかけてくる人も居ます。その方々への対応もしっかり身につけていかなければ余計な時間を取られてしまいます。

「派遣リフレの仕事は1番電話が大切だけど1番無駄」とは正にこういう事かと身を持って学びました。

電話の数が売り上げ本数ではないけれど、いかにそのひとつひとつの電話を数字に繋げられるかが勝負です。

そしてこの3日間1番に強く思ったことは「MAXは最高の店」ということです。

池袋、秋葉原、新宿、どこの色んなリフレ店にも知り合いが働いているのですが、今の時期、本当に苦戦していると聞きました。「12月まで我慢」のような状態だそうです。そんな中、MAXはマイペースにぐんぐんと上がっていく、常にお客様がお越しいただいている、お客様を呼び込む強いキャストが沢山いると思いました。店の力や宣伝が凄いというわけではなくて、それぞれのキャストの力が凄いです。

この3日間だけで10件近く体験入店、体験入店希望の連絡がありました。有り難いことに、沢山の女の子がMAXを気にしてくださっています。「MAXなら今の苦しい状況を何とかしてくれるのではないか」という期待を込めて、体験入店の応募をしてくださるのだと思います。

MAXはお客様に選ばれ続けるお店です。キャストレベルが最高という事もありますが、女の子がお店を回しているということにも興味を持つ人が多いのだと思います。

女の子が店を回すことについて、色んな意見があると思います。”リフレ嬢は信用できない””女はダメだ”などマイナスな意見もあるはずです。でも私はそんなマイナスな意見を抱いた方々を見返します。どんなに言葉で言っても伝わらないことは山ほどあります。なのでしっかりと行動で、信頼を築き、「私達でもできるのだ」と胸を張って言います。

時代はこれからどんどん変わっていきます。「男性による搾取を終わらせよう」をテーマにMAXが始まり「女の子が経営するリフレ店」という文化も業界に広がってきました。この文化が偽物で「結局最終的には男が得をする」というオチでしたら寒いですが、MAXは絶対そんなオチになっていません。声を大にして「MAXは女の子だけが得をしている」と言えます。

MAXの店長業務をするにあたってお店のことを第一に考えて行動していますが、気がついたら私自身もなんだか成長しているな、と思いました。店番業務は体力面でも精神面でも本当に大変ですが、新しいことをするのが不安で踏み出せずにいた一歩を、この様なやりがいのあるお仕事をさせて頂けて本当に光栄に思います。

今ある信頼を無くさずもっともっと頼られる存在になれるように、お客様にとってお店にとってプラスである存在で居られるようにこれからも頑張ります。

MAXは最強です。キャストとしても店番業務からしても胸を張って言えます。これからもよろしくお願い致します。

2017年11月16日 あいな



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る