リフレ嬢戦力外通告~クビを宣告された門限6時~




ナレーション:東山紀之

華やかなMAXの世界。本指名が取れるキャストには名誉と莫大な報酬がもたらされる。一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆくキャストがいる。

門限6時(通称ここな)18歳。JKMAX3期生。




彼女もその1人だった。

2017年5月10日、夕方4時。埼玉県越谷市のだだっ広いハイウェイを門限6時ママが運転するミニバンが走る。目的地は南越谷駅。





本日夕方6時から池袋東口にてMAXトライアウトが行われる。昨晩は興奮で眠れず睡眠2時間。明らかに目は充血していたが、門限6時のテンションは高かった。今朝録音したばかりのカセットテープを車内フルボリュームで流す。

「この歌好きなんです」

そう言って選んだのは「Don’t Give Up Yourself !!」(HAN-KUN)。門限6時がかつて現役時代に自身が目覚める際のケータイアラームとして使用していた曲。まさに門限6時の今の心情そのものだ。

本気になっちゃって
いっちょツッパしてこうぜ未来
誰かの後付いてっても変わらない
信じるか否かは己次第さ!!
Don’t Give Up Yourself !!
本気になっちゃって
いっそ全部変えちゃうくらいの夢を持って行け

武蔵浦和駅で埼京線に乗り換え、向かう先は池袋東口。2週間前にMAXを戦力外になった少女が、再びMAXへの切符を掴み取ろうとしている――。


トライアウトから10日前。

2017年4月20日。

12-15のシフトで挑んだ門限6時のリフレはあまりにも無惨だった。





一縷の望みを託して入ったレンタルルーム24。打者3人(30分回転コース)に対し、本塁打、本塁打、本塁打と、アウト1つすら奪えずに降板。規定回数の15時まで持たず13時半ノックアウト。

次回シフトを聞くには残酷すぎる結末に門限6時は「ごめんなさい」と、ただただ俯くしかなかった。

振り返ってみれば、門限6時がMAXで輝きを見せたのはわずかだった。2017年3月3日ひな祭りに体験入店。18歳の誕生日を迎えた直後の若さ、お客様のご要望に忠実な七色オプションに加え「注射を待つ子ども」のような不安げな顔が武器。“MAXのランディ・ジョンソン”とメジャーのスーパースターになぞらえて期待された。

体験入店初日、13-18のシフトで14-15 60分 セントラル406 がリフレ初登板。30分延長+OP****円と上々のデビューを果たし、出勤終了後にはマイクロビキニ着用でヒーローインタビューを受けた。





その後も門限6時は危なげないリフレを続け、何度もMAXの危機を救った。出勤3回目には本指名がリターン。ゴールデンルーキーの活躍に、MAXやお客様は更なる期待を膨らませた。

だが、それも一瞬だった。デビューから5日目、12-16のシフト。12-13 60分 24の601 にて玉パンツを部分断裂。自身の怪我には至らなかったものの、残りの13-16を、玉パンツ無しで登板。その日の精算終了後、戦力外通告された。





MAX入店から、わずか5日。18歳24日という若さで、クビを言い渡されたのだった。

「失敗してしまってごめんなさい…。申し訳なくて…」

それでもリフレを続けたい、諦めきれない門限6時の生き残りを懸けた壮絶な戦い。

MAXを諦めるか、MAXにしがみつくのか…。

支えてくれたお客様のため、育ててくれた両親のため…。

人生の分岐点に立たされた門限6時。運命のトライアウトの結末は…





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • リフレ大好き
    • 2017年 6月 05日

    MAXの売れるキャストの宣伝が多い分、逆にこうした競争に敗れてクビになるキャストの惨敗特集があると、投稿通りクビになったキャストもいるのが分かるし、今入っているキャストがクビにならないように指名しなきゃって思うし、良いですね!

    門限6時ちゃんには頑張ってもらいたいなぁ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る