JKMAXゆのちゃん体験談。激ロリ激エロ



JKMAXゆのちゃんがタイプすぎたので遊びました。





部屋で待っているとランドセルリュックを背負ったゆのちゃんが入ってきます。

「おつかれさまでーす」
「おつかれさまです。今日で名古屋帰るんですか」
「そうです。帰ったらすぐスタジオ(所属している名古屋の見学撮影店)なんですよ」
「めっちゃ忙しいですね」

手を広げると飛び込んできます。細くて小柄な身体。「よいしょ」と膝の上に乗り、カクカク腰を振って挑発するゆのちゃん。

「なにします?」
「なんでもいいよ」
「時間はありますか」
「大丈夫です」

オプション開始。声がエロくて激ウマ。

「めっちゃ上手やん」
「やろ」
「みんなに上手って言われるやろ」
「言われる」

じーっと見ながらオプションするゆのちゃん。マジックミラー越しに見るのもいいけど直接の3Dリアルの体感型がやっぱいい。この子は見学嬢だけどリフレ向き。

自称、貧乳教の教祖らしいですが貧乳というより品乳。身体が若くて綺麗。エロいけど品がある。

時間が迫ってきたのでお礼を言って終わろうとすると

「なーんだ。遊ぶっていうから*****かと思ったのに」
「え、したい。延長できますか」
「いいよ」

店に連絡して30分延長をお願いします

「*****んだ。真面目だねー」
「え、*****の?」
「いいよぉ」

激熱。物理的にも心理的にも

「***いい?」
「****」

オプション開始で即ゆのちゃんが。小刻みに震えたのでそれに釣られてこちらもオプション終了w任天堂64の振動パックなみにブブブブブと震えて搾り取られます。

「ゆのちゃんめっちゃいいですね」
「いぇーい。やったぁ」
「またJKMAX絶対来てくださいね」
「いいよぉ」

チュッチュしてバイバイしました。ゆのちゃんみたいな子は人気が出て当然です。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • スタジオ言ってきた関東勢
    • 2017年 9月 08日

    顔知ってから記事を読み返すと興奮するとともに、羨ましくて仕方がない。
    私もゆのちゃんと**で****したいわー

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る