JKビジネスの集客・宣伝を規制する動き(路上&ネット)



2017年4月8日16時頃、秋葉原を中心とした都内で、JKの制服を着てビラを配っている女の子たちが捜査員に声を掛けられ取調べを受ける出来事がありました。

声を掛けてきた人たちは、警視庁の捜査員やボランティアなど約140人。4月8日だけで、15歳~18歳までの女子高校生ら20人が補導されます。

都内全域で、ほぼ同じタイミングにて一斉に声を掛けたのは、女の子たちを逃がさないためなのでしょう。Twitterなどで情報がすぐ拡散されてしまう今の時代、危ない情報が入ったら女の子たちは身を隠してしまいます。

TVニュースの映像でも使われてしまった秋葉原のビラ配りエリア。

この記事をご覧頂いている皆様ならご存知なのでしょうが、秋葉原でJK風制服を着てビラ配りが行われている場所をご紹介します。

まずは、メイド通り・ビラビラ通りなど言われるケンタッキーやツクモ電気周辺。JK風制服を着た女の子たちだけでなく、メイド服や忍者服を着た女の子たちもビラを配っています。今回のニュースでも、この辺りを映した映像がよく使われていました。

そして、中央通り。サイゼリヤを過ぎたあたりから、JK風制服を着た子たちや、制服の上に赤いコートを着た子たちを見かけます。JKカフェのアキバハイスクールや、リフレのエステパラダイスに在籍する女の子たちです。

今回の一斉補導で真っ先に餌食になったのは、中央通にて規定の人数を超えて客引きをしているアキバハイスクールのJKかと思ったのですが…ここは大丈夫だったそう。

基準が分かりませんが、目立つけど怪しいことはしていないと判断されたのかもしれません。

後、思い浮かぶのが高架下。

ニュー秋葉原センタービルが高架下にあり、そこで複数のリフレ店が営業しています。1番目立っているのはバンビーノ。毎日、出勤しているほぼ全員が高架下でパネルを持って立っています。

バンビーノのキャストは、ニュー秋葉原センタービル内の別のリフレに行こうとしているお客さんに声を掛けて、自分のお客さんにすることがあります。あまりにもそのやり方が露骨になりすぎて、同じビルの他リフレ店の店長さんにお叱りを受けていました。路上での客引きはシビアな競争です。売れ残る子はずーっと路上で売れ残っている残酷な世界。手段を選んでいられない気持ちになることもあるのかもしれません。

路上に立ってビラ配りしたりパネルで客引きしたりは、見ていて凄く辛そう。制服を着て路上に立って晒し者になっているかのよう。そういう効果もあって立ち止まるお客さんも居るのでしょうが。今回のようなニュースがあり、JKビジネスへの風当たりがますます厳しくなっていくこのご時勢、JKビジネスについては路上に立って客引きをますますし辛くなってしまいます。結果として、路上での客引きをせずネット上で集客を頑張るお店が今後も増えていくでしょう。

しかし。

路上での取り締まりがあれば、ネットでの取り締まりもありました。

ネット上で集客を頑張っているお店の1つであるJKMAXのTwitterが、本日ヒッソリと凍結。

今更ですが、店名に“JK”とつけてしまったのが目をつけられている原因の1つ。Twitterの円垢が一斉に削除された時期もありましたし、Twitterの運営さんって世間の動きにかなり敏感なんですね。昨日、突然JKMAXのアメブロ記事が消されていたので嫌な予感はしていましたが、JKMAX集客の要であるTwitterを凍結させられてはつらみ!

あのTwitterアカウントが無いと

JKリフレ嬢あるあるは何度凍結されても抜け道を使い復活させ続けましたが、今回はどうしようか考え中。もうしんどい。これもいたちごっこの一種や。サイバーいたち

JKMAXをフォローして頂いていた皆様、こちらの新しいアカウント↓を宜しくお願い致しますm(_ _)m




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る