「自画撮り」被害480人=昨年の児童ポルノ事件-警察庁



2016年に警察が摘発した児童ポルノ事件で特定された18歳未満の被害者のうち、「自画撮り」の被害が前年比104人(27.7%)増の480人いたことが9日、警察庁のまとめで分かった。

 自画撮りは、相手に脅されたりだまされたりして自ら撮影した裸の画像をメールで送る形態。12年の統計開始以降、4年連続で増えており、東京都は画像の要求段階で取り締まりができるよう青少年健全育成条例の改正を検討している。

 児童ポルノ事件全体の被害者は45%増の1313人で、過去最多を更新。うち中学生が53%と最も多く、高校生30%、小学生11%、未就学児3%などだった。

 被害形態別では、自画撮りが最多の37%を占め、9割は中学生と高校生だった。加害者との関係は「面識なし」が8割で、大半がツイッターやLINE(ライン)などインターネット交流サイト(SNS)を通じて知り合っていた。

 他の被害形態は盗撮が32%、児童買春・淫行が14%、強姦(ごうかん)・強制わいせつが8%など。小学生以下の被害者185人を見ると、強姦・強制わいせつが38%と最も多かった。

 摘発は過去最多の2097件、1531人で、子どものわいせつな姿を撮影したり、盗撮したりする製造が6割を占めた。

【出典:2017年03月09日 10時13分 時事通信 】


出会いSNS PCMAX(PCマックス)

ネットの反応


・自画撮りなのに“被害”なわけ?日本人て(私も日本人だけど)いつからこんなに『イマジネーション欠乏症』になってしまったのか?

・何か…これには同情できないな。羞恥心や警戒心が微塵もない、自分の脇の甘さが招いた結果でしょう

・求める変態も変態なら、その求めにホイホイ気軽に応じる、法と言う羽の下に護られた『無敵の児童』もどうなのかな、と…。

・未就学児3%もいるの…?幼稚園児が自撮りで児童ポルノ?え?世も末?

・大人も大人になりきれないからロリータを好むのでしょう


まとめ



Twitterは規制が強まっていますが、閉鎖された空間である出会いアプリにはまだまだ児童の写真が増殖し続けています

参考記事:女子高生・女子中学生が利用してしまう出会い系アプリ掲示板ランキング!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る