リフレ嬢は今すぐ経営者になろう!楽しいよ!


ぐっでんもるげーん!きゃしーだよ

最近は家に引きこもりっぱなし

最近私たちと揉めたあるあるのボスも栃木の山奥で隠居していると聞きます

私もそんな感じになりつつあるかも!

家で引きこもるのは本当に楽。

精神的にも肉体的にも。

たまーに美味しいもの食べに行ったり、友達と遊んだり、買い物したり。





今大学は春休み真っ只中なのでなんか用事無い限り外出することもない!

毎日コタツで寝転びながらアイス食べつつパソコンカタカタ。飽きたら動画観る。

コタツ+アイスって最高やない?





でも真面目に仕事もしてる!

気になって仕方ないから10分おきくらいにF5連打してJKMAXの今現在の客数とか売上をチェックするし

ずーーーっと同じ売上が続いてたら店長に「そろそろ****円って数字見飽きた!」って煽ったり

私は今リフレのキャストを辞めて、現場から離れてます。

オーナーっていうか経営者っていうか、そっち系の人。

今は自分の好きなペースで仕事ができるし、必要以上に誰とも接触することなく黙々と平和に仕事をしています。

家にいてもいいし、外にいてもいいし、好きなときに起きて好きなときに眠る。誰からも命令されず誰からも縛られず自分の人生だから自分で好きなように生きる

私は自由人なので凄くありがたい環境。かなりのコミュ症なので女の子ともできれば顔合わせしたくないし

でもたまーにリフレで働いてお客さんからチヤホヤされたりお店の可愛い女の子を見て癒されたりはしたいかなw

私だけに限らずリフレ嬢は、みんな自由でワガママで自己中やと思います。でも若くて可愛いから許されてる。でもいつかは若さがなくなって、今のままじゃ居られなくなる。

そんな時にどうしたらいいのか?

普通に働くのか、男に自分の人生を授けて養って貰うのか、家族に頼るのか、キャバとか風俗みたいな水商売するのか、なんとなく専門学校とか大学に行くのか・・・・

どの道もピン!と来なければ、経営者になればいいと思います

リフレ嬢っていうアルバイトを何となく続けられている時点で、私たちは経営者の特性があります

リフレ嬢はお金を「給料として貰うもの」という意識が低くお金は「自ら稼ぐもの」という意識が強いはず

それを分かっていない人たちが世の中に多すぎる

例えば、近所にある得体の知れない無名ラーメン屋を経営してるおじちゃんだって経営者

給料を貰う人生は馬鹿だと気付いて、お金は自分で稼ぐものだという人間の鉄則を理解しています

とはいえ、開店から1年足らずで店を畳むラーメン屋は多い。起業する事は簡単でも、会社を維持発展させていくことは難しい。倒産のリスクを考え、躊躇してしまう人が居ても不思議ではありません

でも、これについても私はリスクなんて無いと言い切れます。

事業がうまくいかず、会社が倒産する可能性はどこの会社にもあります。でも、たとえわずかな期間でも経営を経験しておくと、その人のビジネススキルは飛躍的に向上します。雇われの会社員やフリーターを何年続けても到底身につかないような、「仕事の本質」「人間として生きるための本質」を見抜く力です。

たとえばスターバックスコーヒーのアルバイトを5年続けている人ならば、スタバ商品の魅力を言葉巧みに語ったり、お客さんが多くて忙しい日でも巧みにお客さんをさばいていく能力には長けているのかもしれません。他アルバイトに上手く指示を出したりしてコミュニケーション能力は上がるかもしれません。でも、それぞれの商品やサービスがどのようなコスト構造の上に成り立っているのか、原価率から粗利といったところまで正確に理解できているのかといえば、そうではない人が殆どです。スタバの歴史や文化も肌で理解できているかといえば、そうではないはず。経営者では無い限りただの歯車なのですから

一方、経営者になると、お金の流れが全て把握できるようになります。ひとつの商品、ひとつのサービスが顧客の元に届けられるまでにはどれだけの人が関わり、どこにどれだけのお金が流れていくのか、全て理解できるようになるし、目を配らせなければいけなくなる。これは、経営者とその他との決定的な違いです。

私がリフレ嬢の皆様に起業をすすめる理由も分かっていただけると思います。今のお店や自分の人生に不満があるのなら、行きたい就職・進学先がピンとこないのなら、我慢や妥協を選ばず起業を選んでください。

お金を「もらう」のは人間ではなく会社の道具です。何度も言うように、お金は自ら「稼ぐ」ものです。

なにをしてお金を稼ぐかは皆様の自由です。

ネイルサロン、アパレル、リフレ、エステ、出張マッサージ、動画配信、ベビーシッター、マンションタイプ保育園、カフェ、屋台のクレープ屋、たこ焼き店、駅で売ってるスムージー屋、便利屋、JK介護、ガールズケバブ、出張キャバクラ、出張ヘアーセット、どんな対戦テレビゲームでも付き合ってくれる彼女、レンタル彼女、スマホアプリ、イラストレーター・・・

自分の好きなことでお金を稼ぐ手段はいくらでもあります

私たちリフレ嬢にとって1番身近な例は、リフレなはずです

リフレはどのように開業するのか、リフレは1日お店にどれほどの利益が出ているのか、私たちはどれほどお店側に搾取されているのか、ご興味がある女の子はJKMAXを使って全てを知ってください

JKMAXでは女の子が「店番」するのではなく、実際に経営して貰います

店の利益も私と折半して良いと思ってます。

で、折半するのが嫌になったら、自分でリフレを立ち上げて経営すればいいのです

今のJKMAXでは、いずみちゃんが店番しながら経営の仕組みを学んでます




店利益を折半することについていずみさんは「オプション頑張るよりもこっちの方が絶対美味しいやん」と興奮してました

マクドナルドでは正社員ではなくバイトリーダーみたいなアルバイトたちがお店の経営をしていると聞きます

リフレだってキャストが経営してもいいじゃないですか

大人たちや男は「お前らにリフレが経営できるわけないwwww」と嘲笑っていますね?その心、笑ってるね?

今に見ておれバカヤローコノヤロー

ご興味ある女の子居ましたら私に連絡ください

派遣リフレなんて貯金30万円あれば誰でも始められます。全部教えます。先に言いますが、広告費や人件費をかけないと1番にはなれません。摘発という名の革命でも起きない限りあられと制服オーディションに追いつく事は出来ません。経営者にならなくてもいいから1番手のグループに所属したい!という人は、あられや制服オーディションに行くことをオススメします。大船の安心感はあるでしょうから。しかし、自ら漕ぐ小型船の方がダイナミックで楽しくてやりがいを私は感じられます。

商品であるリフレ嬢をいかにしてPRするかの能力にさえ長けていれば、リフレ経営に無駄な経費を掛ける必要ありません。アメブロとTwitterでイナフ!コスプレや制服は各自キャストが勝手に用意!

私が大阪人だからかもしれないけど、東京の人って無駄な経費を掛けすぎてるように感じます。ガリガリに無駄な経費は削って、浮いたお金をキャストの給料にすればいいじゃないですか。クソみたいな紹介文を経費使って色んなところに載せるよりは、読んだ人が心に刺さる紹介文を最強の無料ツールTwitterにつぶやくほうがいいと私は思ってます。スイーツを「甘くて美味しい!」としか表現できない人か「ナッツの軽やかなざくざく食感と中にたっぷりつまったクリームが驚くほど滑らか、濃厚で品のあるお味。こぶりながらも・・・」みたいに表現できる人かの違い。キャストのPR仕方については別記事で書きます

話が脱線してしまいましたが、リフレの仕組みさえ分かれば、今までどれだけ私たちは良いように道具みたいに使われていたのか気付きますよ。大人たちは、私たちが知恵をつけて反逆してくることを恐れています。惑星べジータごとサイヤ人を早期に始末しようとしたフリーザを思い出しますね





私は起業を推奨していますが、ほとんどの女の子にとって「大人たちの道具」のままで居て何も知らないほうが幸せかもしれません

大人たちや男たちに依存してお金を貰っている人生の方がずっと楽なのですから

そういった人生を選ぶのもその人にとっては間違いではないと思います

でも、そんなのは嫌だと思うのなら、行動するタイミングは今です

MAXで会いましょう!

JKMAXのアルバイトについて




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る