【超過激コスプレで裏オプ】大阪梅田派遣型美少女リフレ『ぷれしゃす』ありすちゃん体験談


本日は、大阪で1番有名な派遣リフレ『ぷれしゃす』へ行ってきました。

場所は、梅田です。

梅田のどこへ行けば良いのか分かりませんでしたが、ブログにアクセス方法が書いてありました。

それに沿って、女の子との待ち合わせ場所へ向かいます。

待ち合わせ場所を確認し、近くのローソンに入りました。ここで店に電話します。

気になっていたありすちゃんが丁度空いていたのでお願いしました。電話で服装の特徴と鞄の色を伝えて待ち合わせ場所で待ちます。

10分ほど待っていると、制服姿のありすちゃんが笑顔で来ました。

思っていたよりも小柄で細身。

「はじめましてー」
「はじめまして。ありすです」

並んで歩く時に、ありすちゃんがピタッとくっついて腕を組んでくれます。

こんな繁華街で制服の少女と腕を組んで歩くのは恥ずかしいですが、ここは大阪なのでノリと気分で周りも許してくれそうな雰囲気がありました。こんな街だから堂々と「お散歩」も出来るのでしょう。

すぐ近くのレンタルルームみたいな場所へありすちゃんが案内してくれます。

「ぷれしゃすでーす」
「はいよお」

ニコニコしたおばちゃんに部屋代2000円渡します。受付のおばちゃんと談笑するありすちゃん。都内の殺伐したレンタルルームとはえらい違いです。

レンタルルームに入り、ベッドに腰掛けます。ここでもありすちゃん距離が近い。

ラミネートされたオプション表を2人で並んで読みます。「生ぱふぉ」やら「****」やら、各リフレ店の看板メニューと言えそうなオプションやコスプレが並んでいました。他店をめっちゃ研究してるんだなーと。セルのように各店のオプション・コスプレを吸収しているのがぷれしゃすです。

「オプションメニューが色々ありすぎて何が何だか分からないなー。人気なのは何があるの?」
「やっぱりコスプレですね!」
「コスプレって何が人気ですか?」
「ナノビキニって分かります?」
「わかります」
「ナノビキニよりも過激なコスプレがあるんです」
「なんですって・・・」

ナノビキニと言えば、エイティーン(故)のニュースで有名になったあの過激な水着です

更にそれの上をいくコスプレがある・・・?

JKビジネスのコスプレ衣装はドラゴンボールの戦闘力のごとくインフレ化していくようです

そのコスプレ衣装は1万円と高いのですが、ナノビキニを超えると言われたら見るしかありません。衣装に着替えて貰う間、シャワーに入ります。

コース料金60分(1万円)+コスプレ(1万円)=2万円

をありすちゃんに払いました。

シャワーを浴びて外に出ると、部屋が暗くなっていてベッドにありすちゃんが「トンでもない格好」で座っていました。

このコスプレ衣装は衣装の意味があるのでしょうか。

乳首が隠せているどころか“強調”されています。ありすちゃんも興奮しているのか乳首がぷっくり立ってました。

「これ初めて着るんですけど恥ずかしすぎます」

ありすちゃんが暗闇で顔を赤らめます。

この格好のままベッドで添い寝ハグしました。シャワーを出た時に服を着ていたのですが、ありすちゃんに「服脱いでいいよ」と言われたので腰にバスタオルを巻く形にします。

ピッタリ添い寝ハグをして、ありすちゃんの細い身体を抱きしめます。「腕枕して欲しい」と言われたので言われたとおりに。

カップルみたいだね。甘えたくなる。凄く優しい。カッコイイ。めっちゃ落ち着く。

などなど、ありすちゃんはお客さんが喜ぶ台詞のオンパレードを発します。お世辞と分かっていても、受け入れて貰っている、楽しませようとしてくれている、という気持ちが伝わってきて嬉しくなりました。

「ありすちゃんはぷれしゃすで働いてどれくらい経つの?」
「まだ働き始めたばかり!やっと18歳になったから」
「ぷれしゃすはどんなお店なの?」
「ジャイアンツ」
「ジャイアンツ?」
「この店は、昔あったお店の看板キャストが全員集まってるの。18、萌えけん、ナウ・・・」
「なるほど。確かにジャイアンツだ」

大阪でまともに機能している派遣リフレは『ぷれしゃす』しかありません。制服オーディションが都内に出来てしばらく経った頃がそうであったように、今の大阪派遣リフレは『ぷれしゃす』の一人勝ち。

ぷれしゃすに在籍しているキャストの何人かは都内へ出稼ぎに行き、あられなどの有名派遣リフレ店で働いた事があります。そこで「派遣リフレは稼げる」と知った者が多く、大阪で派遣リフレが出来るともあれば入店するのは自然な流れなのでしょう。

「ありすちゃんは、この店の前はどこに居たの?」
「**」
「あぁー・・・」
「丁度ね、摘発される当日も出勤予定だったの。だけど寝坊しちゃって」
「おぉー・・・神回避や」
「起きてお店に向かってたらお店の子から『今どこ!?』みたいなLINE来て。遅刻してお客さん待たせちゃってるのかなーでも何で店長は既読つかないんだろーみたいに思ってたら・・・」
「ガサが入ってたのか」
「そう。怖くて電車の中でLINEをまず消して、携帯電話をその場でストップさせた」
「行動が早い!市橋達也レベルやん」
「それから店長が外に出てくるまでは1ヶ月Wi-Fi生活してた。店長が出てきて、もう大丈夫かなーって頃に携帯電話を復活させた」
「長かったね」
「うん」
「**って凄く良い店だったって聞いた」
「本当に良い店だった!店長が凄く優しくて。みんなのママみたいだった」
「ママ?」
「うん。お客さん入ったら「ほら、行ってきなさい」とか、遅刻したら「しょうがないわねぇ」とか、ちょっとお姉っぽくて」
「店長の名前からして・・・」
「そう!だから店長の名前を検索してもそっちが出てくるから店長喜んでた!『生まれて初めてこの名前で良かったと思いました!』って」

ありすちゃんとの話のネタは尽きず、喋りっぱなしでした。

が、18歳になったばかりのありすちゃんがこんな格好していて冷静で居られるほど人間出来ていません。

「交渉」します。

「何でもしちゃうよ♡」とありさちゃん。*万円渡して、残り時間楽しみました。

※「何でもしちゃうよ」は勿論リップサービス。リフレの範囲内で楽しみました。

お互いシャワーを浴びます。僕がシャワーから出ると「体拭かせてください」とバスタオルで体を拭いてくれました。膝にバスタオルを置いて「ここに足を乗せてください。拭きますので」と、ありすちゃん。この動きはメンズエステでありそうな・・・。18歳なりたてにも関わらずあまりにも色んな経験をしているありすちゃんはツッコミ所満載でしたが、執拗に聞かずスルーしていきます。

「派遣リフレでバスタオルで体拭いてもらう事は滅多にないから嬉しい」
「こういう事したいんです。花嫁修業だと思ってやってます」

帰り支度が出来てから、タイマーが鳴るまでベッドに座りお話します。Twitterをフォローして欲しいと言われました。

「フォローしてたかも」と話すと「フォロワーさんには絶対DM送ってるのでDM返事ください」と。仕事熱心だし、ここまで一生懸命接客していたら人気が出て当然です。

レンタルルームの外に出てもピッタリ密着して「バイバイするの寂しい」と話してくれます。

ありすちゃんの接客は他のキャストからは感じる事の出来ない癒しがありました。また会いたくなる素敵な女の子です

http://ameblo.jp/precious-npb



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る