女子中学生とエッチしても相手が年齢を偽り不起訴となった例


私の氏名、年齢、 旧所属等のプライバシー情報が報道された事件内容と共に掲載されており、仕事に支障が出て困っています。不起訴になった案件( 不起訴告知書あり)です。また、 引用元のニュースサイトのプライバシー情報もすでに削除されてい ます。「プロバイダ責任制限法」の「プライバシー侵害」 にあたるため、削除もしくは内容の変更をお願い致します。

・掲載されている場所(URL):http:// jkaruaru.com/***********

・掲載されている情報:私の氏名、年齢、 旧所属等のプライバシー情報、不起訴になった内容

・侵害されたとする権利:「プロバイダ責任制限法」の「プライバシー侵害」



了解です!削除致します。お手数をお掛けして大変申し訳ありません

ご連絡ありがとうございます。早速ご対応下さるようで、 安心いたしました。
現在、ネット被害により適応障害の診断を受け、 精神的苦痛から抜け出せず再就職もできていない状況にあります。不起訴につきましては、 相手方との示談により不起訴となりました。 不起訴処分通知書をメール添付いたしますので、ご確認ください。



削除しました!ネット被害とは具体的にどのようなものがありましたか

ご返信ありがとうございます。
被害につきましては、職を失い、退職金も差し止められていること 、誤った内容がそのまま大勢の人たちに伝わっていること、私の精神疾患があげられます。

私の場合は、相手が年齢を偽っていたことで不起訴になりました。実際に年齢確認を怠ったこちらの落ち度もあったと思います。やはり年齢確認を行うということではないでしょうか。早急にご対応下さり、本当にありがとうございました。


悪い例→ぱいぱん


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る