JKビジネスに愛想を尽かしたJKとJK愛好家は出会い系へ?



 2016年、国連をも動かした「JKビジネス」が、ひとつの転換点を迎える。全国店舗の大多数が集中するとされる東京都で、営業を規制する条例が年内にも可決する見通しだ。これまで所在地を変え、業態を変え、摘発をかいくぐりながら生きてきたJKビジネス。今後はどうなるのか。

 警視庁は平成28年11月、JKビジネスを規制する条例案を公表した。条例案では、18歳未満の接客や勧誘を禁止。営業を届け出制とすることで、都公安委員会が営業停止命令を出すことができるようになる。違反に対する罰則も盛り込む方針だ。届け出が必要な営業の例は、「リフレ」「散歩」「見学」「撮影」「作業所」「コミュ」「カフェ」と細かく挙げている。また、水着や下着姿で接客する「ガールズバー」「ガールズ居酒屋」も例示した。

 これまでJKビジネスに対しては立ち入り権限がなかったため、サービス内容や従業員の年齢が把握できず、悪質な店舗の判別が困難だった。外部からの情報や、補導した少女から話を聞く中で、18歳未満(アンダー)がいる店を把握し、わいせつな行為をする「裏オプション」の有無を判断していた。

 JKビジネスの規制をめぐっては、愛知県が27年に改正青少年保護育成条例を施行し、18歳未満の就業を禁じた。都でJKビジネス単独の条例ができれば全国初。早ければ今春の都議会にも条例案が提出される。加えて、警察庁は29年度、全国のJKビジネス一斉調査を行うことを明らかにしている。「東京五輪が近づいている。こうした環境浄化策は着実に進めなければならない」。警察関係者は力を込める。

 ではJKビジネスはどうなるのか。捜査関係者によると、これまでの取り締まりを受け、すでに女子高生を連想させるような「制服」「学園」などといった単語を使わない店が増えている。さらには条例の成立を待たずして、現役女子高生ではない、18歳以上(オーバー)がサービスする店舗が多くなっているのが現状だ。「店が悪質かどうか以前に、JK店なのかどうかすら把握しづらくなっている」と捜査員も頭を悩ます。条例では18歳以上の稼働については触れられておらず、今後はこの傾向が進むとみられる。JKビジネスはもはやJK風ビジネスといえそうだ。もちろん裏の裏をかいて、少数の18歳未満が紛れれば把握はより難しい。

 一方で無店舗化も進むとみられる。外で客と待ち合わせてホテルなどで2人きりになるとすれば、届け出制になったとしても立ち入りでの直接的な実態解明は困難。派遣型リフレの名を借りたデリバリーヘルスのようになれば「もはやJKビジネスである必要はなく、個人の援助交際が相次ぐかもしれない」とみる関係者もいる。

 このほか、条例に例示されていない別の業態の誕生もありそうだ。すでに観光案内やスマートフォンの操作を教えるとうたうサービスが都内などにある。また、東京以外での店舗進出を指摘する声もある。

 供給サイドが法の網をかいくぐろうとする一方で、需要サイドのお客さんはどうなるか。限りなくJKに近い少女を今後もJKビジネスを通じて求める一方で「本物志向が強まる」と言える。女子高生と関わりたいと考える男性は一定数いる。本物の女子高生と関わるために、JKカフェへ通い、リスクを犯してでもJKお散歩を利用し、新幹線で新大阪まで出向くものも居る。こうした男性たちは必ずしもわいせつな行為を求めていない。JKビジネスももともと、体を触るような過激なサービスがある店は少数で、差別化のために裏オプションが横行した向きがある。JK(アンダー)店をいまだに利用しているとはいえ、全員がわいせつ行為目当てとは言い切れない。

 一方で、JKビジネスへの締めつけが厳しくなっている現在においてもJK店で働いている女子高生は「未成年売春婦」以外存在しない。自分達がどうすれば男は喜ぶかを把握し、涼しげな顔で淡々と売春に励む。そこには女子高生好きが求めている清らかさ、純粋さ、健気さ、若々しさは一切存在しない。彼女たちは女子高生本来の魅力を失ったアンダーという名の化け物。わいせつ行為を求めるお客さんにとっては良いかもしれないが、女子高生らしい女子高生を求めているお客さんは今のJK店に魅力を感じないという。

 では、そんなお客さんはどのように目的の少女を探し出しているのか。鉄板の場所がPC MAXである。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 ここには彼らが求めている純粋な少女が多数在籍し、最近では「JKとわいせつ行為を求める」お客さんも満足できる経験ができるとの報告がある。リスクとコストばかり高いJK店を利用するより、こうした別の手段に目を向けることになるようだ。ただJKビジネスが問題となったことで、世間の目が厳しくなっているのも事実。ホテルやカラオケ店などでも、おじさんと少女が入れば通報が入るケースが今年になり急増している。今後さらに女子高生と交際するリスクは高まっていくだろう。そのリスクを極限まで抑えるためにもPC MAXを通じて「健全な付き合い」「気分転換に若い子とデートしているだけ」のようなアピールをすれば自由恋愛まで咎められる事は一切ない。JKを求めてJKしか居ないと分かっているJK店を利用する事が悪であって、年齢幅が広いPC MAXを利用するなら「たまたまそういう年齢だっただけです」というケースも充分有り得る。

 捜査当局とJK店とJK愛好家。それぞれの模索はこれからも続きそうだ。

参考記事:出会い系サイトのここちゃん&ききちゃんと3Pヤれた体験談w




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る