彼氏という名のホストに5000万円使ったリフレ嬢が擬似恋愛について考えてみた



ホストにハマった私の体験談を元に、ホストとリフレで行われている「擬似恋愛」について書きます。

私は現在、18歳で池袋の派遣リフレで働いています。アンダーの頃からJKコミュやJKお散歩で働いてて、自分で言うのもあれですが出勤する度に指名が入る人気嬢でした。最近は調子悪いです。閑散期は多分関係ない。昔から鬼出勤していたので、毎日平均10万ちょい稼いでます。昔は1番多いときで貯金が3000万円くらいあって、それを全部自分の部屋に置いた鍵つきのキャリーバッグへ入れてました。それを撮った写メはいまだにカメラロールに入っています。

私がアンダーの時、同じ店にいた女の子に誘われてホストの初回へ行ったことがあります。そこで出会ったホストが私の人生を大きく変えました。そのホストは駆け出しのホストでしたが、会話もはずむし何と言っても好みの顔だったので、初回から延長しそのままアフターへ行き、何となく色恋がスタートします。最初は同じ店の子とホスト通いしていましたが、最初に会ったホストが1番良かったからそのホストに会いにそのうち1人で店に行くようになりました。新人だった担当は顔も良く話も上手いことからあっという間にナンバー入りし、色んな女の子のテーブルで指名が入るので焦ります。延長して時間は沢山取るものの、付いている時間が短いのでボトルを入れたりと段々使う金額が上がっていきました。それに比例して付く時間も増え、俗に言う色恋もエスカレートしていきます。気付いた時には担当のエースになっていて同棲もスタートして完全本営になっていました。

担当はあまり人目も気にせずデートしてくれましたし、外でかかるお金は出してくれていました。彼のバースデーイベントではシャンパンタワーをし、私の誕生日にはクロムハーツのペアリングと何故かドライマンゴーをくれました。「さっき職安のドンキで買ったんだよ。このリングつけて一緒にマンゴーつつこう」なんて正直に言ってくれる彼が面白くて超幸せでした。冷静に考えるとわかるのですが、私の払ったお金がそのホストの給料として入っているのでそのホストが使ってくれるお金は私の払ったお金みたいな物。でも私の中では外でお金を使わせ無いし、プレゼントもくれる優しい彼氏になっていました。3000万あった私の貯金は目に見えて減っていき、あっという間に底をつきましたが、毎日毎日行っていると掛けで飲むという事も平気になってきました。

偶然だとは思いますが、不思議な事に、私がホストにはまればはまるほどリフレでの稼ぎが減っていきました。彼のために頑張らないとと鬼出勤するのですが、その割には暇な時間が増えたり昔と比べてリピーターがつかなかったり。リフレだけでは足りなくて掛けを払うために月末前になると出稼ぎへ行き、まとまったお金を作ったりしました。でも風俗は本当に自分に合わなくて精神が狂いそうになります。リフレと風俗を掛け持ちしてる女の子ならわかると思いますが、風俗もリフレも稼げていても病みますし常に稼げて順調な時ばかりではありません。

調子が悪い時などは仕事ができない程病んでしまいます。でも彼の寝顔見てたら頑張れるし気合で起きて化粧して…って毎日でした。それでも仕事が上手く行かず、自分の店が書かれてる掲示板と彼の店が書かれてる掲示板を毎日1時間置きくらいに見ては病んだりムカついたり彼を問い詰める日々を繰り返します。仕事の調子が悪いとどうでもいい事まで気になってしまう悪い癖です。だんだん彼氏との中も上手くいかなくなってきました。

彼氏の仕事はホストなので、沢山の女の子に営業をします。その中には、名前が知られた某有名売れっ子リフレ嬢も含まれていました。その子の収入は私よりもずっと上です。私的には運が悪くホスト的には運良くその売れっ子リフレ嬢は私の彼氏にハマっていったのです。最近の私が使える金額の遥かに上を使う彼女は彼氏のエースになり、当然扱いも一番良くなりました。私は彼氏を責めましたが、彼氏は仕事だから仕方ないと言うだけ。彼のお仕事はホストなので当たり前ですよね。相手がホストだと、わがままで自己中な事を言っているのは私のほうってことになります。彼氏は「飲み過ぎて店に泊まった」「従業員の部屋にいた」など見え見えの嘘をつき同棲していた家にも帰ってこない日が多くなり、その分喧嘩も多くなっていきました。ほとんどの女の子は彼氏と上手くいかないとリフレにも影響が出ます。私も例に漏れずリフレが上手くできなくなりました。その後暫く安定剤を飲んだりして、食欲が出ず、顔色も悪く、誰の目にも「あの子病んでる」と写っていたはずです。接客中にボーっとしてて「は?」みたいな態度取っちゃって5分とかで客が怒って帰っちゃったこともありました。当欠や遅刻も続き、お店からの信頼も無くします。家でも店でも居場所が無くなっていきました。

結局彼氏は部屋から出て行ってしまい、そのエースと同棲を始めたっぽいです。ホストが出て行ってからホストには行かなくなりしたが、私に残ったものは虚無感とボロボロになった精神でした。別れて今4ヶ月経ってちょっとだけ落ち着いたので文章にしていますけど、まだ全然立ち直れてないです。そのホストにはトータルで5000万は使いました。

こんな馬鹿な私の話を最後まで読んでくれてありがとうございました。最後に、私の経験で気付いたこと考えたことをまとめます。リフレのお仕事は高収入ですが、稼ごうと思えば無限に稼げる危険な仕事です。そして自分の身体と精神を擦り減らして稼ぐから決して楽な仕事ではありません。この記事を読んでくれた女の子は、辛い思いをして稼いだお金をどう使うか今一度よく考えてほしいです。ハマった私が悪い!ホストが悪い!と思う方もいらっしゃると思いますが、ホストは疑似恋愛をするお仕事です。そして私たちリフレ嬢も。色恋をしないホストも沢山いますが、色恋をした方が女の子は簡単にお金を落としてくれます。疑似恋愛を求めてホストへ行くのも自由です。ただそこにあるのは殆どが疑似恋愛で本物の恋愛ではありません。それを勘違いしないようにしてほしいです。恋愛経験が少なかったり、男性不信だったり、精神が不安定であったりするほど、ホストにハマりやすいと思います。

私がしてるリフレの仕事も擬似恋愛。ホストの仕事も擬似恋愛。擬似恋愛が擬似恋愛を生んで、何が本当で何が嘘なのか今分からなくなっていますが「恋愛は買えるもの」と私は考えるようにしました。「人の心はお金で買える」みたいな格言もありますけど「買える恋愛は世の中に沢山ある」ということです。ホストクラブやリフレで売られている商品は「恋愛」です。現実世界では異性から振られるリスクや恋愛に関する面倒なトラブルがあるのに、こうしたお店ではお金さえ払えば振られることも面倒なこともありません。好みの異性と、確実に「恋愛」できるのが魅力で、それを求めて客は足繁く通ってしまいます。

私たちリフレ嬢は「恋愛」をビジネスとして売っています。ソープランドでは「自由恋愛」というテイで、性行為が売られています。私たちが売るのは「性行為」ではなく「恋愛」です。客はお金を払って「恋愛」を買っていることになります。いくらお金をつぎ込んだところで、そこに本物の愛が芽生えることはありません。お金ありきの関係であって、たとえリフレ嬢が客とセックスしたとしても、それは「お金を払ってくれる客」だからであって、惚れたからではありません。

お金を払えば、確実に「愛」が買える場所では、恋愛で傷つきません。リフレでお金を払えば、恋人同士がする行為の殆どを断られることがありません。イチャイチャ(ハグ)したり一緒に寝転がったり(添い寝)デート(お散歩)したりエッチ(裏オプ)したり。現実世界の恋愛では、たとえ好きな相手ができても必ずしも受け入れられるとは限りませんから、恋が実らず傷つくリスクがあります。しかし、この手の店ではお金がある限り、余程のことがない限り(出禁とか)振られることはありません。お金が続く限りは、絶対に受け入れてもらえるという安心感があるのです。どんなにブサイクでも下品でも、1度も異性と付き合ったことがなくても、お金さえあれば、手の届かない相手と恋愛を体験することができます。現実世界では手に入れられないものを買えるのが、リフレの魅力です。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る