リフレ嬢「千と千尋の神隠しの設定は風俗なの?」




もはや定番となっているスタジオジブリ(特に宮崎駿監督作品)作品の都市伝説。その多くは、ほのぼのとした子供向けアニメと裏腹の残虐性、批判性を伴ったものが多い(となりのトトロのサツキとメイは死んでいるなど)。

そして「千と千尋の神隠し」でも子供向けアニメの中で風俗社会というおよそ接点があってはならないものを結びつけている点がいかにも都市伝説っぽい。バカなことをして、借金を作ってしまった両親に売られ、娼婦が働く場所に就くことになったのが、千尋という訳である。これが都市伝説の根幹の部分である。

が、この都市伝説は都市伝説で片付けられない信憑性がある。それは、湯屋の入口の看板の後ろに「回春」としっかりと書いてあることだ。

湯屋で働くことになった千尋は、本名ではなく、「千」と呼ばれるようになった。これは源氏名を表していることになる。

そして、面白いことに八百万の神様全員が男であり、女性は存在していない。

そして、従業員には女性が多いということから、そういった場所であるということが暗に表現されているのではないかと言われている。

また、銭湯であるにも関らず、それぞれが個室になっていることもあるし、千尋が最初に接客したときも、どこか緊張しているような雰囲気を出している。

ん~観れば観るほど風俗っぽい。

ちなみに宮崎監督は「性風俗を悪いことと決め付けるのは、キリスト教的倫理の押し付けのせいだ!」と怒ってました。

結論
宮崎駿先生には、堂々とポルノを作って欲しいです。
女の子は、堂々と体を売って欲しいです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る