すずちゃん・ゆうきちゃん回転コースはナイスなタッグでした!




お正月の池袋。

今日は不動産屋に行き、住居となる物件を探します。

とあるお化け屋敷を紹介されました。

内見に行くも、天井から浸水しています!

「これは壁の張替えも考えるとご入居まで2ヶ月ほど掛かりそうですね」
「2ヶ月ですか!?」

ネットカフェ生活を後2ヶ月も続ける気力がありません。今日は出直す事に・・・(涙)

せっかく池袋に来たのであられを利用します。

人が多い・・・。

Twitterをチェックして、ピンと来た2人を回転コースで指名しました。

レンタルルームに入ります。

ベッドで寝転がり待っている内に眠ってしまい、あられから電話が掛かってきて飛び起きました。

電話出るより先にドアを開けます。

「すいません…お待たせしました」
「超ノックしちゃった」

温かそうな格好した美少女が部屋に入ってきます。





「はじめましてーすずです」
「はじめましてー」

コートをハンガーに掛けて、マフラーをテレビ台の上に置くすずちゃん。ベッドに腰掛けて靴とストッキングを脱ぎながら話し始めます。

「制服が今日出勤したら無くなってて、誰かが勝手に使ってるっぽい。だから今日制服無いんだ。ごめんね」
「そうなんだ。あられ人数多いから大変そうだね」
「人数多いのは慣れてるんだけど。私、元**だから」
「***ちゃんか」
「そう!いつもあられはどんな感じ?」
「オプションする感じ」
「ふーん。なんでもいいよ!」
「なんでも大丈夫なの?」
「できないことは(自主規制)で、それ以外なら何でも」
「***は?」
「いいよー*万円ね」
「はい!」
「ありがとー」

物凄くスムーズに決まります。私服を脱ぎ下着になるすずちゃん。派手で綺麗な色した下着。私服の上からでも分かりましたが、おっぱいが大きくて形が綺麗。

「すずちゃんめっちゃスタイルいいね」
「ありがとう!お腹もっとがんばって痩せないと」

逆リフレをすると、強く反応してぎゅーっとしがみついてきます。リアクションが良いので楽しめました。やりすぎると「ちょっと休憩」と両手を握ってストップをかけます。

すずちゃんの「くっつきかた」「顔の近づけ方」「声」がめっちゃ興奮させてくれたので、プラン変更。少し上乗せしてGO

常にぎゅーっと抱きついてくれるので、萎えることなく全てにおいてスムーズに出来ました。

「***ちゃんありがとう」
「あられではすずだから。***だとあられの他の子になっちゃう。指名の時気をつけてね」

シャワー誘ってくれますが、レンタルルームのシャワーは狭すぎて断念。レンタルルームではなく、ホテルを使ったほうが良いのかもしれません。





「また会いにきてね。たまーにしか出勤しないけど」
「普段は何してるの?」
「学生しながら歯科衛生士のバイト」
「へぇー」
「歯科衛生士の仕事に就きたいんだけど、リフレの仕事してたらマジで金銭感覚狂う」
「すずちゃんはリフレと普通のバイト両立してるんだから良いと思う」

すずちゃんとバイバイすると、ほぼ入れ替わりにゆうきちゃんが入ってきます。





「早っ!!」
「こんばんは・・・」
「外で待ってたの?」
「はい」

いきなり部屋に入って来たのでビックリしましたが、それよりも驚いたのがゆうきちゃんの美貌。リフレ嬢の紹介文に「乃木坂系です!」のような言葉が最近目立ちますが、ゆうきちゃんこそ「乃木坂系」のフレーズが相応しいです。

ゆうきちゃんがコートを脱ぐと、いきなり制服。

「お客さん続いてるの?」
「そうです」
「なるほど」
「今日は、何しますか?」

ゆうきちゃん、制服のままベッドに上ってきて上目遣いで訊ねます。ジーッとこちらを観察する強い目つき。大人しそうに見えますが、意志は強そうです。

「ゆうきちゃんの出来る範囲でオプションしましょう」
「さっきの方とは何したんですか?」
「裏オプションですね」
「2回連続で大丈夫ですか・・・?」
「ゆうきちゃんとはしたいです」
「そうですか・・・」

目つきを変えずに口元だけ綻ばせるゆうきちゃん。値段を聞くと「もしかして高いのかもしれませんが」と前置きした上で提示。確かに高いけど、ゆうきちゃんのレベルならこの値段が妥当。自分の価値を知っているのか可愛いから安売りするなと指示があったのかは分かりませんが・・・。

ややガード固めですが、目つきを変えず超お上品にオプション。髪の毛が今日トリートメントしたかのようにツルツルでサラサラ。○○嬢ならこういう時ゴムで髪を束ねるのでしょうが、ゆうきちゃんはそのまま。髪の毛がサラサラします。

シーンと静かなレンタルルーム。お互い何も喋らず声を出さずオプション。時々目が合うとフフフと笑うゆうきちゃん。

アラームが鳴る10分前に終了します。

不思議な時間でした。





ゆうきちゃんがシャワーから出てきます。

「ゆうきちゃんはあられに入ってどれくらい?」
「3日目です」
「リフレ初めて?」
「そうなんです。リフレってマッサージするお仕事だと思ってました」
「けど?」
「全然違った(笑)」
「(笑)」

ゆうきちゃんは、友達と一緒にあられに来たそうです。「また良かったら呼んでください」と妖艶な笑顔を見せるゆうきちゃん。全てにおいて品と華があり、高級感に溢れていました。サービスが凄いとかエロいとかはありませんが、こんな子とここまで出来るのはあられクオリティです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

アダルトチャットならジュエル

JK店・体験動画&漫画

ページ上部へ戻る