新年早々埼玉の少女から脱ぎたてパンツを買い取る【PCMAX】




少女との出会いに重宝されるPCMAXだが、使い方は人それぞれ。


出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


例えば、使用済みパンツ、ブラジャーなどの下着や私物を売る・買うを目的としても使われる。

今回は、そんなパンツ売り少女の実態を調査しよう。

PCMAXのキーワード検索『下着』で続々とパンツ売りの少女たちが見つかる。
※検索してみてください⇒http://pcmax.jp/

今回はどの子の下着をGETしようか。

ちょいギャルのこの子にしよう。場所は埼玉。

プロフィールは21才表記だが、写真は制服。

脱ぎたてホヤホヤのパンツを売ってくれるそうだ。

待ち合わせ場所に指定されたのは、埼玉県越谷市にある某ショッピングモール。




お正月ということもあってか、大混雑。。。

時間通りに到着すると、少女から『3階フロアmoriのフードコートにあるトイレ前』に来るよう連絡が来る。

家族連れやカップルが多い館内。エスカレーターでお父さんお母さんと手を繋いだ3歳くらいの子どもがキャッキャ騒いでいる。

平和で幸せそうな光景。

俺は、新年早々こんな場所へ「少女の脱ぎたてパンツ」を買いにきている。

頭がおかしいのは承知。

フードコートに到着するとPCMAXの少女ゆーちむがベンチに座って待っていた。





彼女はPCMAXで常習的に使用済み下着を売っている。

髪は真っ直ぐに背中の中ほどまで伸びたロングの黒髪。Radyのセットアップにコートを羽織っていた。マイメロの靴下にクロックス。ルイヴィトンの肩掛け鞄。マスク。典型的な田舎ギャルファッション。

いかにも「パンツ売ってますよ」という出で立ちをしているが、マスクに隠された顔に化粧っ気はなく制服を着せたら清楚なお嬢様に見えなくもない。

彼女に限ったことではないが、今どきのいわゆる「いい子」と「悪い子」は見た目だけでは見分けられない。逸脱した子は「髪を金色に染めている」とか「化粧が派手」とかのイメージは、時代から取り残された大人たちが勝手に抱いているものに過ぎない。

「はじめまして。ゆーちむさんですか?」
「はい」
「あけましておめでとうございます」
「あ、はい。とりあえず用意してきますね」

顔を合わせるや、ゆーちむはさっさと用事を済ませて帰りたいのかイング紙袋の口を広げて見せた。

広げた中は空だった。中が空なのを見せると

「じゃあ今から脱いできます」

紙袋を手に、ゆーちむは女子トイレへと入っていった。待つこと2~3分。ゆーちむはトイレから出てくると

「はい」

それだけ言って無表情のまま、手にした紙袋を突き出してきた。

受け取って袋を開くと、中には丸まったピンク色の布切れが1つ。手に取ってみると、ほんのりと人肌の温もり。広げると、可愛らしいパンツ。

ゆーちむは先ほどまで穿いていたパンツを、たった今、トイレで脱いで持ってきたのだ。

「****円お願いします」

ゆーちむに言われた額を手渡すと、ゆーちむは緊張した顔を少しほころばせた。「よかったらご飯も食べていかない?」と誘うが「知り合いと会いそうだからごめんなさい」と断られてしまう。

ゆーちむは「ありがとうございました」と機械的に言うと早歩きでこの場を去った。

新年で賑わうフードコートで、イングの紙袋を片手に1人呆然と立ち尽くす俺。

紙袋に手を入れてパンツを再び握ってみる。

まだゆーちむの温もりが残っていた。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る