【緊急投稿】純粋なJK(女子高生)とHできるのは今しかないのか!?



「援助交際」という言葉が流行語大賞に入賞した1996年から今年で20年経ちました。20年経ってもこの言葉は廃れる事なく、それどころか今や援助交際という名の「素人による売春」は完全に社会に定着したと言ってよいでしょう。

そんな今、メディアではここしばらく「JKビジネス」というものが取り沙汰されています。女子高生が客に対して性的ニュアンスを含んだマッサージをする「JKリフレ」や、女子高生と客が店外でデートや性的行為に及ぶ「JKお散歩」などの業態が、これに当たります。

しかし、2016年現在、JKリフレやJKお散歩に分類される店に、18歳未満の少女を雇用する店は殆ど無くなりました。在籍するキャストは、基本的に高校卒業以上の年齢であり、つまりはお水にでも性風俗にでも合法的に勤務できる女性達が、単に「女子高生のコスプレをして働いている」に過ぎません。

もちろん、本物の女子高生や、その歳のフリーターを置いている店舗もあります。しかし、それはJKビジネスに限らず、キャバクラやスナック、ファッションヘルス、ソープランドといったほかのお水や風俗の店でも同じこと。お水や性風俗のあらゆる業態で、違法な雇用をする店は常にあり、しかしそれは例外的な一握りの事例に過ぎないと言えます。

では、女子高生が青い性を売りにして稼ぐことは「一握りの事例のみ」となったのでしょうか。例えば、現在も営業を続けるJKお散歩『S』などに在籍している女子高生は、男をナメ腐った可愛げのない未成年売春婦といえます。そしてTwitterのようなオープンの場で堂々と援助交際を募集する女子高生に至っては危機管理能力の無いアホか業者です。彼女達は年代的には女子高生ですが先に記載した「例外的な一握り」であり「若い身体」としての魅力はあるものの「少女」としての魅力はありません。純粋さ、健気さ、愛しさ、が皆無。野良猫のように常に周囲を警戒し、男や大人には敵意をむき出しにしています。彼女たちは警察と地元ヤクザに目をつけられている危険な存在であり、決して深く関わってはいけません。下手に触れると恐ろしい目に遭います。

この記事をご覧頂いている男性の皆様は「女子高生が好き」である方が殆どであるはずです。そんな皆様は、上記に記載した「例外的な一握りの女子高生」を愛せますか?彼女達は、不特定多数の男と売春しまくり、私たちにいつ何をしてくるか予測不能な危険分子。私たちがどれだけ愛を伝えても心に響かず、若い身体と引き換えに金だけを要求してきます。そして私たちから奪ったお金は自身が愛するホストやアイドルへつぎ込み、年齢に不相応なブランド物を買い漁っています。こんな女子高生たちだから、私たちも「割り切り」で彼女達の身体のみを目当てにするしかありません。

しかし女子高生の肉体は素晴らしいものであり、そんな彼女達とお金を引き換えに性行為しまくれるならそれはそれで満足できます。それが合法であり安全ならそういった遊びも悪くありませんが、そうはならないので堂々と遊べない苦しさがある訳です。女子高生と危険な遊びをする時は、開き直ってみたり、まさか自分に限って危ない目に遭わないと言い聞かせてみたり、万が一があったら交通事故に遭うようなものだから仕方ないと腹を括ったり、何かしらの言い訳を事前に考えておいたり…ではないでしょうか。

単刀直入に言うと、JKビジネスで会えるJKと関係を持つ事は全くリスクに見合いません。彼女達は女子高生であるものの「例外的な一握り」です。現在はJKビジネス末期。こんな時代に危険を覚悟でJKビジネスに飛び込んできてそこにしがみついている彼女達は、身体はピチピチでも中身がドロドロカスカスの味気ない最低で最底辺のJKです。普通のJKが松阪牛のサーロインステーキならJKビジネスのJKは道端に吐き捨てられた10円のソーダガムです。

しかし、ほんの3年前。JKビジネスが真のJKビジネスとして絶頂期だった2012年頃や、1995年頃の女子高生援交ブームの時代には、真面目で大人しく純粋な女子高生が自らの性を何も知らずに切り売りしていました。現在のJKビジネスで会えてヤレるJKとは比べ物にならない高品質の女子高生が、私たちが求めているタイプの女子高生が、手の届く距離に居ました。そんな女子高生と、今からでも会って仲良くなり愛し合いエッチをするにはどうすればいいのでしょうか。少ない可能性に掛けた数多くの手段はありますが、最も効率的で確実で効果的なのは出会い系サイトです。

参考記事:JKと9倍簡単に付き合う方法

私たちが求めている純粋な女子高生たちもJKビジネスのニュース報道などで自身の価値に気づき「優しくて分かってくれる大人と助け合えたらなー」と願っています。

政府は表向きのJKビジネスを排除しようと躍起になっています。その代表がJKリフレでありJKお散歩でありJKカフェです。そして誰にでもアクセス出来るTwitterや出会い掲示板なども監視の目が行き届いています。しかし出会い系サイトはどうなのでしょうか。出会い系サイトは比較的ノーマークです。

ノーマークな理由として、出会い系サイトは「会員」のみにしか利用できない閉鎖的なコミュニティだからです。そして18歳未満は利用できないルールが設けられているからでしょう。しかし、そのルールが曖昧です。明確に記載してしまうとオアシスが無くなる危険があるので「お察しください」としか言えませんが、出会い系サイトの会員登録は非常にイージー。2017年開始早々、私たちが好む年代の少女が「大量発生」(こちらの『写真つきアダルト掲示板』をご覧ください)していましたので、せめて合法JKナビをご覧頂いている「JKイノベーター」の皆様にだけいち早くこの実態をお知らせしようとこの記事を取り急ぎ執筆しています。少女たちにとっても今が「出会いどき」「稼ぎどき」と本能的に察している節があります。この理由を4つあげます。

1つには、デジタル機器やITの進化による出会い方とコミュニケーション手段の多様化。つまり出会い系で知り合い、すぐさまLINEなどのSNSに誘導させる事もできるわけです。気が合わなかったり、もう会いたくない相手だったら即座にブロックして連絡手段を簡単に断ち切れるのも少女達が気軽に出会える環境をアシストしているといえます。

もう1つには、児童買春・児童ポルノ禁止法の施行と改正(厳罰化)による18歳未満の性のプレミアム化。自分達には今しかない他には代用できない価値があると自覚しています。JKブランドを全く使わずJKを卒業するなんて有り得ない。ほんのちょっとだけでもJKブランドを有効活用して自らの価値と必要性を試したい。そう思う心理も理解できます。

そして、既に援助交際やJKリフレが当たり前のようにある社会に生まれ育った事による、今現在の少女達の性意識や貞操観念のありようです。女子高生にとって見ず知らずの男と会うこと、性行為をすること、それは特別なことではなく「みんなやってるよね」という共犯意識があります。むしろ共犯というよりも、悪いこととは思っていません。「見つかったら面倒だからお互い見つからないようにしようね」という軽い気持ちで男たちと協力し合っています。

最後4つ目の理由は「今しか出来ない」から。それは女子高生という期間が3年と限られているからではなく、世間のJKに対する風当たりがますます強くなる事を彼女達も肌で感じています。2017年には都内でJKビジネスの全面規制が入ると2016年12月に発表されました。自由に好き勝手出来るのは今しかありません。数ヵ月後に「思えばあの時期が女子高生と好きに遊べた最後だった」と振り返る時がくるでしょう。その数ヵ月後はあっという間です。その間にせめて1人でも多くの女子高生と仲良くなり色んな意味で繋がる事が必須ではないでしょうか。私たちに残された時間は僅かです。「出会いの場」が設けられている内が最後のチャンスと言えます。

なお、私たちが求める少女が助けを求めている「証拠」となる少女の画像やURLについては、こちらの記事(ここちゃん&ききちゃんと3Pヤれた体験談w)に一部掲載しています。本来ならばパスワードつきの記事にして閲覧制限をすべきでしたが、お正月という事もありいつも合法JKナビを読んで頂いている皆様に感謝の気持ちを込めて期間限定で公開する事にしました。クレームや警告は既に何件か頂いておりますので、間もなく公開は終了と致します。

女子高生は自らの性を売りたいだけではなく、自分達を受け入れてくれる大人の男性を探し求めています。同年代の男子では相手になりません。貴方のような大人を彼女達は欲しています。2017年早々、合法JKナビ読者の皆様にとって幸先良く理想の美少女と性行為出来る事を心より願っております。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 1月 05日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る