留置所で萌えけんの店長発見






逮捕。

明日は我が身と考えると恐ろしいです。


留置所とはどのような所なのでしょうか。

留置所は各警察署の中にあります。逮捕・勾留された事件のうち98パーセント以上は、留置所に送られます。

ここは、警察に逮捕された被疑者の逃走や証拠隠滅を防止するために身柄を拘束して、取り調べ・捜査をするための施設です。留置期間は一件の犯罪事実につき最長で21泊22日までとなります。

留置所は警察署の中にありますので、取調べ担当の警察官にとっては場所が近く便利な環境になっています。ですが、留置部門と捜査部門は組織上分離していますので、逮捕・勾留中の方は、そこまで心配する必要はありません。たとえば、取調べに協力しなかったからといって食事の提供がされない等のことはありません。

逮捕されてから最初の数日は、取調べ等に応じることで忙しく、また、動揺しているので、留置所生活についてあまり意識しないことが多いようです。

しばらくして慣れてきますと、とにかく暇な時間が多く、それがストレスになるとよく聞きます。

また、留置所の部屋では複数名で生活することもあり、他の方からアドバイスを受けたり、雑談をすることも多くあります。しかしいじめもあります。いびきがうるさいとティッシュを口に詰め込まれたり「お前何してここ来たの?」と聞かれて嘘をついたり恥ずかしい罪状だときついです。ただし、留置所は刑務所とは異なり、長期の身柄拘束の場所ではないので、同室の人の移り変わりも早く、濃い人間関係ができることは少ないようです。


捕まらないことに越したことはありませんが、いつどうなるか分かりません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る