秋葉原昭和通のアロマエステ『アロマライフ』が散々だった




秋葉原のレンタルルーム『メロディー』から駅とは反対方向に歩いていくと

アロマ系のお姉ちゃんがティッシュ配りしている

ここを通るたびに見かけるが、みんな年齢は20代後半から30代前半辺りだろうか


10代中心の少女を相手にするリフレに慣れていると、こんな所は眼中にない

けど・・・怖いもの見たさで行ってみることに


ティッシュを配っていた子がまぁまぁタイプのギャルだったので受け取って店へ


img_6211


受付に通されると、スーツを着た初老の男性がシステムの説明

風俗店じゃないので抜きはありませんなどの注意事項と、承諾書みたいなのを書かされる

適当に思いついた苗字を書くが「お名前もお願いします」と言われて適当な名前を書く

コースは60分15,000円のランジェリーになってくれるコースにティッシュについてた割引券を使い10,000円ジャスト


しばらく座っていると、さっきの子が着て部屋まで案内してくれる

ドアがついた完全個室

リフレのカーテン慣れしてると「うわー密室や」と思ってしまう

「服を脱いでバスタオル巻いて貴重品袋に貴重品を入れてください。外で待ってますので終わったらノックしてください」と言われ、ギャル退室

img_6214

年齢は20代後半

リフレでは働けない年代がこういう所で働くのだろうか


バスタオル巻いてシャワー浴び、シャワー浴びたら紙パンツ掃きさっきの個室でギャルと2人になる

ベビーパウダーかオイルか選べるのでオイルにする

「お仕事何してるのですか」
「さっきは何でここ通ってたのですか」
「今日は何してたのですか」
「もうご飯食べましたか」

例文通りの質問ばかり

オイルを足首からふくらはぎにかけて、ヌルーヌルーと塗りたくなりながら

こちらの背中にはバスタオルが掛けられている

個室は前と左右の壁が鏡張りになっており、ランジェリー姿のギャルを鏡で見れる

抜きは無いと言われたが、こういう所は抜けるか抜けないかギリギリまで分からないことも楽しみ

くそつまらない話ばかりに眠くなってくる

マッサージは紙パンツ周辺をかすりもしない

背中もマッサージしてもらう

ランジェリーがちょっとだけ密着して胸の膨らみを背中辺りに感じられるくらい

この手のマッサージのお楽しみ「仰向けになってください」の呼びかけは無く、永遠とうつ伏せになったまま虚しく60分のタイマーがなる

「よかったら延長しませんか?」

するかボケ

非常に無駄な1万円を使ってしまった

ワクワクドキドキも無く予定調和どおりのマッサージを淡々とするだけ

会話もつまらないし年齢もBBA

これなら抜きありチャイエス8000円やピンサロの方が数十倍マシ

なのにこれで1万円は暴利

割引無かったら15,000円

何でこんなに高いのかは日本人マッサージだからだろう

2,980円で中国人からクイックマッサージ3日連続受けたほうがよほどマシだった

秋葉原は抜きありサービスが少ないから(あまり知られてないから)こうなるのだろうか

しかもここ抜きないし


秋葉原にはハメ撮りさせてくれるメイドも居るというのに(永遠の17才!秋葉原のメイドとホテルでハメ撮り)こんな店は生殺しですら無い

どんな店か試してみたくなったとはいえ、こういうことにお金を使ってしまったのは非常に勿体無かった



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 4月 21日

    このお店はクソですよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る