JKMorning(ジェーケーモーニング)で働いていたJKです。




私はJKMorning(ジェーケーモーニング)と言うモーニングコールのバイトをしていました。
JKMorningとは、ネット上で登録事項を記入すれば、現役女子高生がモーニングコールをしてくれるというサービスです。


コールスタッフとして申し込んだ時から連絡をしても対応してもらえなかったり、全てが雑だったり、モーニングコールのマニュアルもなく、最初は準備が整っていないと言われてお給料が貰えなかったり…不安要素盛りだくさんでしたがとりあえず3ヶ月後にお給料が振り込まれるまで(振り込まれるかどうかも含め)怖いもの見たさで続けてみることにしました。


表向きは「現役女子高生がモーニングコールをしてくれるというサービス」ですが、こういったサービスをワザワザ有料で利用する男性が、現役女子高生とどのような会話をしたいかは想像してみてください。決して楽な仕事ではなく、今までに感じたことの無い種類のストレスを感じるバイトでした。


2016年2月からJKMorningを始めて3ヶ月後の5月にようやくお給料が振り込まれ、記帳するとお給料は計算の半分でした。おそらく長引いたモーニングコールの次のシフトに遅れたため給与が引かれたのかと思います。早起きしてバイトを頑張っていましたが、時給に換算すると1000円ほど…。モーニングコールのバイトはやめました(笑)


9月末ごろJKMorningの存在を思い出して出来心でシフト予約を入れた所、モーニングコールのシフトが入り久しぶりにコールバイトをしました。しかしモーニングコールを再開した2日目に今までは届いていたシフトを入れるためのメールが届かなくなり、もちろんお給料の振込みも連絡も届かなくなりました。


u2dbhywu


開発者の鈴木カンタローさんにDMを送っても返信は届きません。


kanta


しかしこのままではいけないと謎の使命感に追われ、鈴木カンタローさんへの愚痴を日々呟いていました。

その中でコールスタッフだった女の子、チケットを買ったお客さん、協力関係にあった方からDMを頂きました。

コールスタッフだった女の子
o9fxfuqz

お客さん
r0x2xaub



分かったことはJKMorningの開発者はお金のことしか考えていていないという事。JKMorningは鈴木カンタローさんが自分の名を世間に出すためのものだったのでしょう。別にそれは構わないです。だけど業務不履行、給与未払い、協力者に賃金を払わずに新しい事業に取り組んでいることは許しがたい。

未払いの給与が払われ、業務不履行だった分のチケットの代金が返金され、協力者がきちんと報酬を支払われることが出来れば一番ですが、難しい所もあると思います。

だけど鈴木カンタローさんがお金のためのガバガバ運営をしていたことを大勢に知らせるのは意味のあることだと思っています。


JKビジネスはいい加減で曖昧です。今後、JKMorningについてどうなるか分かりません。騙されても、騙されるほうが悪い、こういった怪しげな場所に自分から足を踏み入れた方が悪い、といった風潮があります。だから私たちJKビジネスに関わったJKは自分で自分を守り自分で相手を攻撃するしかありません。

JKに対してお金を誤魔化したツケは高くつく事を思いしらせます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る