『アリス 日本橋オタロード校』のみうちゃんに、ローションてもみんして貰いました



天気は雨

大阪日本橋のオタロード


kan


70歳くらいのおじいちゃんが『アリス 日本橋オタロード校』から笑顔で出てきました

おじいちゃんの背中が見えなくなるまで手を振る女の子とそれを見つめる店長さんの姿


いい雰囲気のお店だなー

行ってみようかなーと思いながらオタロードを歩いていると、道行く人に笑顔を振りまいている制服の女の子が居ました

傘を差しながら「マッサージ」と手書きで書かれた小さな黒板(?)を持っています

両手を塞がれながらも健気に笑顔を振りまいているこの子の事が気になって、話しかけにいきます


ニコーッと笑ってくれました

ビラを手渡してくれます


_ogs5lju


「ビラありがとう。みうちゃんって言うんですね」
「そうです!リフレのお店やってます」
「何てお店ですか?」
「アリスってところです」
「あ、さっき通ったところだ。行こうかなーと思いながらここまで歩いてきたんです」
「おーー!行きましょう!」
「よーし行こう!」
「やったぁー!」


みうちゃんと一緒に『アリスオタロード校』まで戻ります

お店に入ると、さっき見た店長さんが素敵な笑顔で迎えてくれました


みうちゃんが「添い寝コースは楽しい」と教えてくれたので、30分の添い寝コースにします

店長さんに真ん中の広いお部屋に案内してもらいました

みうちゃんが雨で濡れたリュックをタオルで拭いてくれます


「みうちゃん優しいね」
「ごめんね。勝手に拭いちゃって」



学校がコンセプト



個室に店長さん、みうちゃん、僕の3人で入ります

個室はカーテンで仕切りがあるだけ
2つほど離れた個室から、女の子とお客さんの話し声がはっきり聞こえます

店内BGMは乃木坂46

みうちゃんと僕が正座して向かい合います

まるでこれから将棋の対局をするかのような・・・

店長さんが切り出しました


「お名前は何ですか?」
「たかです」
「たか先生ですね!これから、たか先生の授業をはじめます。先生、宜しくお願いします」

みうちゃんが頭を下げます「宜しくお願いします!」

「先生、こちらが教科書です」

店長さんに手渡された「教科書」が、オプション表とお店の注意事項


ここは学校がコンセプトのリフレのようです

ごっこ遊びをみんなで心から楽しむ

これが萌え文化の原点なのでしょう



リフレは楽しい



うつ伏せになった状態で、教科書を読みながらみうちゃんにマッサージしてもらいます

肩腰を念入りに一生懸命マッサージ

「マッサージ上手ですね」
「やったぁ!お客さんからマッサージ上手って1日3回は言われるようにマッサージ頑張ってるんです」
「自分で目標立てて働いているんだ。凄いね。路上に立っている時にすごく良い笑顔だったから話しかけてみたんです」
「私、笑顔でしたか?」
「凄くいい笑顔でしたよ」
「それ無意識です(笑)」
「無意識であんな良い笑顔できるって凄い。ずーっと路上に立ってビラ配りしてると、だらけてしまいそうなのに」
「私、人間観察が凄く好きなんですよ。オタロードって個性が強い人多いじゃないですか?あの服なんだろう!とか、外国人だー!観光かな?とか、あの子可愛いー!とか。可愛い女の子が大好きなので、可愛い女の子が通った時は1人でテンション上がってます」


話しながらも、マッサージの手を緩めません

何をするにも一生懸命な性格なのでしょうか

みうちゃんのような女の子に接客してもらえると、ありがたいです


「さっきはどれくらい路上に立ってたのですか?30分くらい?」
「2時間くらいです!30分でこうしてお客さんに会えたらラッキーです!」
「2時間!雨の中、2時間も路上で立ってたのにあの笑顔だったのか…」
「私、前の仕事がアパレルだったんですよ!アパレルっていつも笑顔でいなきゃいけないので、その癖かもしれないです」
「なるほど!アパレル店員だったのか!なんか納得です」
「いらっしゃいませ~どうぞご覧くださいませ~って言いながら、ずーっと立ちっぱなしでずーっと笑顔で居ました」
「そんな過酷な仕事してきたんだから、路上で2時間笑顔で居られるのも分かる」
「アパレルの仕事していると、何時間もあの狭いエリアから出られなくて…畳む服も無くなって掃除するところもなくなると、退屈でした。それに比べると、オタロードでビラ配っているのは凄く楽しいです!もちろんこうして接客してる時のほうがずーっと楽しいんですけど、リフレの仕事は全部楽しいですよ!」
「みうちゃんはリフレ始めてどれくらい経つんですか?」
「ちょうど1ヶ月くらいです!でもそんなに出勤していないので、まだまだこれからですね!」



ローションてもみん



壁を見ると、特別授業として『ローションてもみん』のお知らせが貼られていました


cvm3pjnvyaapdnv


「これは何ですか?」
「ローションてもみんは最近始まった授業なのですけど1番人気です!楽しいだけじゃ済まされない不思議な感覚です」
「へぇー!やってみようかな」
「やったぁ!」


半透明の大きなボウルに水を入れて、店長さんが個室に持ってきました

プッシュしたらローションが出るボトルも続けて持ってきます


「ではこれより、ローションてもみんの授業をはじめます。先生は生徒さんに教えてあげてください!」

そう言い残すと、店長さんが笑顔で個室から出て行きました


「じゃあ、しましょうか」

お互いの手にローションを3プッシュくらいかけて、水につけて手を揉み合います

水と混ざったローションがぬるぬるぬめぬめ

不思議な感覚のまま、お互いの手を握り合ったり擦り合わせたり


「何で無言になっちゃうんですか(笑)」


みうちゃんが恥ずかしそうに僕の顔を覗きこみます


「いやー…リラックスしすぎて色んなこと思い出したり考えたりしてた。みうちゃんと一緒に居ると落ち着く」
「本当ですか?嬉しい」


2人で水遊びしているようなものなので、手が冷えそうですがお互いの体温で心地良い温かさ


ローションてもみん授業の5分間が終わってタオルで手を拭いていると、30分のタイマーが鳴りました


「時間あっという間でした。また会いたいです」
「ありがとうございました!また会いに行きますね」
「あの、良かったらLINE教えてください」
「いいですよ」




みうちゃんに見送られて『アリスオタロード校』を出ました

しばらく歩いて振り向くと、みうちゃんが笑顔で手を振っています

みうちゃんに手を振り返して、オタロードから出ました



アリス 日本橋オタロード校のHPをチェックする▼



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る