島根県小6女児が修学旅行のホテル浴槽で溺死






29日夜、島根県出雲市の小学6年生の女子児童が、修学旅行で宿泊したホテルで入浴中に溺れ死亡していたことがわかりました。事前に、母親から「入浴中、意識がもうろうとなったことがあり、注意深く見てほしい」と連絡があったということで、市の教育委員会は対応に問題がなかったか検証することにしています。

島根県の出雲市教育委員会によりますと、市内の2つの小学校の6年生28人が修学旅行で宿泊していた広島県廿日市市のホテルで、29日午後9時すぎ、女子児童が浴槽で溺れているのを見回りの女性教員が見つけました。女子児童は病院に搬送されましたが、およそ1時間後に死亡が確認されたということです。

女子児童は、ほかの児童13人と一緒に入浴を始めたと見られていますが、女性教員が見回りをしたとき、脱衣所にはこの児童の服だけが残されていたということです。

【出典:9月30日 21時10分 NHKニュース】


出会いSNS PCMAX(PCマックス)

ネットの反応



・誰か気づいてやれよ…

・母親かわいそすぎる

・どうしたら13人もいて気づかないのかな

・そういう持病があったらいつかは風呂で死んでたろ

・>脱衣所にはこの児童の服だけが残されていたということです
悲しすぎる

・そんなんわかってんなら行かせるなや。教師は介護士じゃねえぞクレーマーが

・お前らがいたら注意深く見守る役には不自由しなかったのに……





ライ麦畑の見守り役は
        ↓





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る