いきなりオナニーする元ナウるりちゃんとラブホで5回エッチ






PC MAXに以下のメールが届いた


ka2


僕のプロフィールに「リフレはよく行きます」と書いたのを見てくれたのだろう


ナウの誰かは、写真を見てもMに聞いても分からない


xhiudkxf


会うか会わないか迷ったら、とりあえず会うのがPC MAXの鉄則
 
梅田のヘップ前で待ち合わせることに



上玉るりちゃん



「よろしくお願いします…」


怯えた表情の少女は小学生かと思うほど若く見えて、ややポッチャリしてるが色白で可愛かった。しかし、どこか浮かない表情を浮かべている。

梅田ヘップの喫煙所で合流した僕たちは、そのまま当ても無く歩き始めた。


「名前は何ちゃんですか?」

「るりです」

「るりちゃんね」

「好きにしちゃっていいですよ」

「ん?」

「私のこと、好きにしちゃってください」

「おー・・・」


お言葉に甘えて、即ラブホテルに入る。


ctch5qjvyaa8rbv



安定のホス狂



今日はこのホテルに2人で泊まる。


るりちゃんは個室に入った途端リラックスしたのか、大きなため息をついてベッドにダイブ。

ヒールをはいたままベッドでうつ伏せに倒れこんでいる光景がエロティック


ベッドに倒れたままのるりちゃんの横に寝て、気になっていたことを訊ねた。


「何でお金が必要なの?」

「11月までに最低でも50万円がいる」

「ホスト?」

「内緒」

「ホストじゃん」

「私、奈良に住んでるんだけど家出してて」

「奈良…?」

「大仏と鹿がいるところ」

「分かるよ。関西援交ひとみちゃんも奈良だし。奈良はリフレが無いから大阪に来てるのか」

「うん」


お金が必要な理由までは教えてくれなかったが、月末までに50万円以上必要で家出しているという。


大阪・梅田は家出少女が多い。

関西地区をはじめとした周辺の地方都市から「とりあえず梅田に行けば何とかなる」と家出少女が集まってくる。

東京で言えば新宿のような街。

重い荷物を持ちながら1日中ヒールで歩き回って、疲れただろう。



ヤリたがり



「奈良には帰るの?」

「帰らないつもり」

「これからどうするの」

「大阪のリフレで働く。それから考える」


何も考えずにリフレを始めて、目標となる金額を稼ぎ終えてもリフレを続ける少女を何人も見てきた。

るりちゃんもきっとそうなるだろう。

そもそもリフレで働けるのか怪しい。


るりちゃんは唐突に「一緒にシャワー行きますか?」と訊ねてきた。

「うーん。エッチもしたいけどお腹すいてて。るりちゃんは?」

「え!エッチしてからご飯行こうよ。その方がご飯も美味しい」

つい数分前の緊張した顔はどこへやら。

笑いながら僕の顔を覗き込む。



ドンキ



荷物を全部ホテルの部屋に置いて、財布だけ持って外出


るりちゃんが手を繋いできた

「私とエッチしたくない?」

「したいよ」

「じゃあ何でさっきしてくれなかったの?」

「後でしようよ。先にご飯食べよう」

「嘘だ!私とヤっちゃうのが怖いんでしょ。ご飯は外で食べるのあまり好きじゃない」

「オッケー。何か買ってホテルで食べよー」


ドンキでカップラーメンとプリンと飲み物、るりちゃんがピンクローターが欲しいと言ってきたのでそれも購入した。



ヤリまくり



ホテルに戻って、カップラーメンを2人でズルズルすする。


カップラーメンを半分以上残して、るりちゃんはピンクローターを開封した。

カップラーメンの汁を飲みながら「どうしたの?」と訊ねる。


るりちゃん、いきなり全裸になりベッドでピンクローターを試す。

るりちゃんは喘ぎながら「これ最高」と身体をよじらせてイキ続けた。


唐突に始まったるりちゃんのオナニーショー。

家出少女なのに清潔そうなパイパン。
 
小ぶりだけど形の良い美乳。


こんなの見せられたから、もう関係ないか。

そう開き直ると、ジーンズとパンツを脱ぎベッドへ。


るりちゃんの目の前にペニスを突き出すと、瞬パク。

そのままジュポジュポくわえながら、ピンクローターを動かし続けた。


「るりちゃんしてあげるから、寝転がって」


ピンクローターでクリを虐めまくる。

大人顔負けのエッチボイスで何度も絶頂するるりちゃん。


腰をカクンカクン動かして、潮なのか尿なのか吹きまくる。

まだ0発目なのにベッドの上がデロンデロン。


会った時点でこんなに「女」だったからエッチしてもセーフ。


堂々と挿入。

突きまくってると、るりちゃんが「ヤってくれて嬉しい」と笑顔。

終わった後は恋人のように一緒にお風呂に入り、休憩挟んで4回エッチした後にベッドで抱き合って眠りについた。



翌朝



深夜か早朝、目が覚めるとるりちゃんは鏡に向かって化粧をしていた。

「どうしたの?」

「呼ばれたから行かなきゃ」

「わかった」

2度寝。


目が覚めると、1人だった。


img_5716


img_5717


寂しいけど仕方ない。


昨日食べ忘れたプリンを1つ食べる。


「あ、リフレの話をまだしてなかったのに」


るりちゃんが困って僕に頼りたい時があるなら、PC MAXで連絡が入るだろう

めっちゃ可愛かったしエロかったからまた会いたい。 

出会いSNS PCMAX(PCマックス)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る