オッサンから「カネ」がなくなっている






例のJKで「女性の貧困」が話題となったが、本当にヤバイのはオッサン


リフレ業界が閑散期という問題以上に「金のないオッサン」が増えている

DODAが調査している年代別の平均年収によると、リフレ客の中心である40代は07年の670万円から14年の586万円と、実に90万円近く下がっている。

総務省の調査によると、「45~54歳男性」の非正規労働者比率は95年の2.9%から2015年で9.4%に増えている。
また「55~64歳男性」でも17.5%から31.5%に増加している。




日経ビジネスオンラインは2014年5月に、健康社会学者の河合薫さんが「彷徨う未婚40代非正規の鬱々たる現実」という記事を書いている。

その中では40代男性のこんな声が紹介された。

「今はまだ、母の面倒を見なきゃならないんで、なんとかなってますけど。自分1人になったら……ヤバいなぁって思うんです」

「40過ぎて正社員採用してくれる会社ってないんです。募集要項には、そんなことは書いていない。でも、明らかに無理。何度、面接に行っても落とされる」


オッサンはカネが無くて孤独

オッサンで独身でカネが無いなら、世の中から冷遇されるしかない


リフレ客の中にも、こんな見た目でこんな性格でカネも無いなら孤独死するしかないというオッサンは居るはずだ



金のないオッサンを社会的弱者に押しやるような『権力と金を持った男』に女は惹かれ群がる性質がある


仕事からも、女性からも、そして社会からも「相手にされない」という状態の男性は、もはや「男性であるだけで弱者だとは絶対に認めてもらえない」という状態に陥ってしまう。

「自業自得・自己責任」で片付けられてしまうからだ。

厚労省の調査によると、2013年の全国ホームレス数は男性が7671人、女性が254人。

同年の東京都監察院の調査では、孤独死者数は男性が4094人、女性が1952人。いずれも男性のほうが顕著に多い。




カネが無いオッサンは孤独に死ぬしかない




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

アダルトチャットならジュエル

JK店・体験動画&漫画

ページ上部へ戻る