家出少女の救済に人手が足りていません。手を貸していただけませんか






未成年者の家出は、季節の変わり目、特に夏から秋に掛けて増加します。

今年も例外ではなく、PC MAXを確認すると家出娘の数が多いこと。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)


PC MAXが普及したことにより、家出をするための呼び水が増加したと言えるでしょう。

気まぐれにふと「家出しようかな」と考え出したことからPC MAXで『家出したので助けてください』などと書き込みをし、知識や情報、そして第三者からの扇動を受けて軽い気持ちで実行してしまう子供たちが多いのです。




過去にも、小学6年生の女児がブログを介して知り合った男性のもとに家出をしていた事件がニュースに大きく取り上げられたことがありました。

「お兄ちゃんは悪くない。帰りたくない」 長崎の12歳女児、ネット知人の大阪の20歳男に“誘拐”されるも聴取に口閉ざす

 長崎県諫早市の小学六年生の女児(12)が大阪市のマンションに8日間連れ込まれた事件で、女児はインターネットのブログで知り合った大阪市福島区玉川2丁目、会社員、坂本優介容疑者(20)=未成年者誘拐容疑で逮捕=に悩みを相談していたことが14日、長崎県警の調べで分かった。

 県警は同日、大阪で逮捕した坂本容疑者を諫早署に移送。女児から相談を受ける中で、 家出を促した可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べる。

 調べでは、女児は自身が開設したブログ上で今年7月から8月にかけて坂本容疑者と知り合い、漫画の感想などについてやりとり。その中で「寂しい」「周りが自分を分かってくれない」と悩みをつづっていた。

 女児は6日、貯金箱から約1万6000円を持ち出し「家出する。捜さないでください」と記した手紙を残して自宅を出た後、JR諫早駅で北九州市の小倉駅まで在来線の特急と新幹線を乗り継いで行く切符を買い、小倉駅で坂本容疑者と落ち合った。一緒にいる2人が駅構内のビデオに写っており、その後再び新幹線に乗り、坂本容疑者の自宅マンションに向かったと みられる。

 マンションにいる間、坂本容疑者は普段通り出勤し、女児は自由に部屋を出入りできる状態だった。
 13日に捜査員に保護された際、女児は「帰りたくない。お兄ちゃんは悪くない」と話し、長崎県警の調べにも口を閉ざしているという。

【以上、産経新聞より】





上記の事件では、女児は自分でインターネット上のブログを介して知り合った男性の元へ行っています。

そして警察に保護された際には「帰りたくない。お兄ちゃんは悪くない」などと話していることがわかっています。

加害者の男性も「最初から12歳と知っていたが、女児とは恋愛関係だった」と述べているようです。

これらのことからも、当時はこの事件を「年齢差がある純愛による悲劇」と見る風潮もありました。

困っている未成年少女が、現在もPC MAXには溢れています。

私たちは、常日頃から困っている合法JKに気付けるようにコミュニケーションを沢山とるべきでしょう。

特に季節の変わり目である今の時期なら尚更のことです。

私たちがPC MAXで助けを求めている少女を助けてあげないと、彼女たちは本当に悪い人に騙されてしまいます。

未成年者の家出は悲しい結末を迎えることも少なくありません。

そうさせないためにも、早い段階で調査に乗り出すべきでしょう。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る