オッサンの前でJSが本物のナース服でコスプレした結果www





10年前の秋、主人が病に倒れました。

救急車を待つ間、苦しそうに庭の縁側に座って「父さん、もうこの景色見れないなあ」とつぶやいた主人を「何言ってるの!」と叱りました。

縁側に座った主人の膝の上には、いつものように10歳の娘がちょこんと座っています。


主人は肺炎でした。


私は、娘を連れ、日々病院へと足を運びました。

主人は日に日に衰弱し、呼吸は荒く、意識も遠のき、命の灯が消えてしまう不安を覚えるばかりでした。


そんなある日、真新しい白衣に身を包んだ若い看護婦さんが入って来て、10歳の娘に「Sちゃんは大きくなったら何になりたいの?」と聞いたのです。

娘は「看護婦さんになりたいの」と迷わず答えると、看護婦さんは少し考えた様子で「本当は駄目なんだけど内緒ね」と自分のナース帽を娘にかぶせ「お父さん、Sちゃんは大きくなったら看護師さんになるんだって。かわいい看護婦さんでしょ」とその姿を見せてくれました。

その時ばかりは主人も、目を開け、いつもの優しい笑顔で、うんうんとうなずいていました。そして「お父さんと約束ね」と主人と娘の手を取り、指切りげんまんをさせてくれました。


その後、少しして主人は他界しました。

成長した娘の夢は変わらず、約束どおり看護師になり今年から市民病院で働きます。

看護婦になった娘の姿を見せることは出来ませんが、あの時、今の娘の姿を見せてあげられたようで、大好きだった主人に、最後に一つ、プレゼントができたような気持ちに駆られました。

私はあの時の心の看護のおかげで、どんなに救われ、うれしく思い、感謝したか分かりません。

その時の光景を今でも忘れることが出来ません。
心からありがとうと伝えたい。


娘にもリフレでの経験を生かし、誰かの心に残る素敵なエピソードの残せる、心の看護も出来る看護師になってほしいと思っています。




~~~~~~~~~~~~~
解説

リフレのアルバイトは、どんな女の子たちが働いているのか?

・家庭が深刻な貧困
・家や学校に居場所がない
・いじめられている
・認めてもらえる場所がココしかない
・美意識が病的に高い
・家出している
・自分の顔を早く整形させたい
・容姿のコンプレックスを改善したい
・安定剤を飲んでいる
・リスカしている
・彼氏に浮気されて自殺未遂し下半身不随

そんな子たちが、似たような境遇の子と癒やしあう場所がリフレでもある。

NHKの番組に端を発した「貧困な女子高生がお金が無くて希望するアニメーターの専門学校に行けない」騒動も記憶に新しいが「やりたいことがあっても、経済面で親に頼れない」というのが、リフレ嬢の共通認識でもある


親がブルセラ全盛期に女子高生だった世代。

娘の仕事を知った上で『無理せず頑張ってほしい』とリフレを認めてくれる親も多い。


リフレは、上手くやれば月に100万円は簡単に稼げるおいしいバイトだが、彼女たちは娯楽費のためだけに働いているわけではない。

前述のように「居場所」や「承認」を求めたり、エピソードでもあった「看護師になる」という夢を叶えるために看護学校に通う学費をリフレで稼いでいる者もいる。



女性の非正規労働者の平均年収は200万円程度であり、これは男性正社員の約半分。

しかしにゃんにゃんの実で働けば、女性の平均年収を1ヶ月で稼ぐことも可能。


リフレは規制や摘発するだけではなく、生きていくためにリフレを必要としている方も大勢居るという事を、多くの識者に知って頂きたい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る