元制服相席屋の巣窟でフェラ好きあおいちゃんと生ハメ(ちょい中出し)






JKリフレにはJKがいなくなってしまった。

JKリフレの存在を知ったのがつい最近。

JK好きなのに、どうして今までJKリフレを知らなかったのか・・・
情けない。


あの頃JKリフレを知っていたら、本当にリアル女子高生とハグとか添い寝とかもっとエッチなことも堂々とできたのに。

ハグをすれば、JKのおっぱいにあたるし、硬直したチンコも押しつけ放題なんだから、JKリフレでJKが働けなくなっちゃったのも仕方ないのかな〜




合法JKナビで調べたんだけど、「新大阪女子高校」とか「制服相席屋」とか異次元の話が書いている。

何で俺もっと早く読まなかったんだと大後悔(笑)




時代に乗り遅れたと落ち込んでいた矢先、PC MAXで元「制服相席屋」で働いていた娘が見つかったのでアポをとった。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)


写メを送ってもらうと、乃木坂風で超可愛い。

超ロリロリ♡

ちっくしょー!制服相席屋ではこんな娘たちとチョメチョメできたのか。




取りあえず速攻アポ。

明日の夕方5時に、西武新宿駅前のマクドナルドで待ち合わせすることが決まる。

「制服も持っていった方がいいかなあ?」

とうれしい提案に妄想が膨らむ。




翌日の夕方4時、仕事が終わり速攻で職場の御茶ノ水から中央快速線で新宿へ。

新宿駅東口から歩いて西部新宿駅前マクドナルドへ行くと、写メ通りの可愛い娘。

フリフリチェックのミニスカートで、上はピチピチの白Tシャツ

クッキリとブラ紐の形が透けて見える。

エロっぽい。




会ってすぐ勃起(笑)




「はじめましてー。あおいです。私の事知ってますか?」


愛嬌いっぱいの笑顔での挨拶が好感度アップ。


「はじめまして!いや、俺は制服相席屋行ったことないんですよ!」


「そうだったんですか!最近、PC MAXで会うの相席行ったことあるお客さんばっかりだからいつも聞いてます(笑)」


さっそく彼女から手を私の腕に絡ませてくる。


「肌綺麗ですね!」

と腕をペタペタ触ってくれて、妖艶な笑み。

「くすぐったーい」と俺が気持ち悪く甘えると、キャッキャ喜ぶ。


さすが元制服相席屋だ。

男を扱うツボを心得ている。


そして、すぐ近くにあった安そうなラブホテルへ。

正直、終わったことにはあまり興味なかったが制服相席屋について尋ねると、裏オプの実体や摘発されたときの様子を生々しく語ってくれるあおいちゃん。

「俺も制服相席屋行っておけばよかった。」

「みーんなエッチな人ばかりでしたよ。」
と軽口を言うあおい。

「あおいちゃん可愛いなあ。あおいちゃんみたいな子たちと制服相席屋でエッチなことしまくりたかった。」

「え〜、今から私といっぱいエッチな事できるじゃないですか。」
とほっぺを膨らまして不満そうな顔するあおいちゃん。

「そうだね。たっぷり楽しませてね。」

「うん。フェラは自信あるよ。」

身長148cmの中学生並みの童顔のみるくに不似合いな発言にまた勃起する。

「抜かないで良かったーいっぱい出せる。」

「いっぱい出しちゃってね。」
と私の股間を自然にサワサワ。

私の股間の形と固さを指でギュッギュッと確認すると「全部しぼりとってスッキリさせてあげる」とのこと。




これだけの上玉なのに、相場はかなり安い。

JKリフレでは、すごい条件を吹っかけてくることもあるらしいがPC MAXだと「お互いこういうことしている」という連帯感があるので友達感覚でエッチなことできる。




さて、ラブホテルに入ると、あおいちゃんは制服に着替えてくれた。

制服に着替えたあおいちゃんは中学生のようでほぼほの犯罪の域。

これガチ制服なんだーとあおいちゃん。

ガチ制服とそうでない制服の違いが分からない私に「リフレだとドンキとかで売ってる安物のおもちゃみたいな制服を着ている子がほとんどなんだ」と教えてくれた。



あおいちゃんのYシャツボタンを外してを脱がしてシャワーも浴びずにひたすらおっぱいを舐め回した。

汗のしょっぱい香りに興奮。

身長140cm代で細身なのにおっぱいDカップ。




なんと天は不公平なんだろう?

特定の人間にいいところを全部与えてしまう。




10代の肌はやはり違う。10代風俗嬢と10代素人では全くの違いだ。

ひと味もふた味も違う。

みずみずしさが凄まじい。




自分は、中学生とセックスしたことはないが、中学生の肌はこんな感じなのではと思われる。




正直、風俗には何度も行っているので大抵のことでは興奮しないが、このときは我を忘れてあおいちゃんの体を舐め回した。




体を海老反り、「あんっあぁ」と所々に身悶えて声を漏らすあおいちゃん。

演技かもしれないがプレーに気持ちが入っていく。




ちんこが硬直しパンツにこすれて我慢できなくなる。

自分でジーンズとパンツをおろして、あおいちゃんにペニスを握らせる。

あどけないあおいちゃんに不似合いの手さばきで、ペニスを上下激しくしごくと手際よく口にスポッと含める。

しゅるるるる!と凄い音たててしゃぶり、唾液がダラッと垂れる。

幼い顔で唾液ダラダラフェラは、関西援交ちはるを思い出すフェラっぷり




「どこでこんな技術覚えたの?」
と思わず疑問を口にすると、

「悪いオトナがいろいろ教えてくれたのよ。」
と意味ありな笑顔で応えた。

「オトナ代表して謝るわ。」
と言うと、あおいちゃんはクスッと笑った。




そしてまた、口をペニスに含めるとチュパチュパと音を立てながらリズミカルにしゃぶる。




このままだとマズいと思い、射精する前に挿入を試みる。

ゴムを探そうと枕元をまさぐると、

「外に出してくれるならナマでエッチしようよ。」

最高の女だ。


挿入

あおいちゃんの狭い入り口を2、3度往復すると、生暖かいジューシーな液の感覚が脳まで伝わる。

さすが○○生。膣の温度が熱い。若いっていいなー!幼いって最高だなー!

しばらく、体の動きをとめて、ペニスに伝わるあおいちゃんの体液の感覚を楽しむ。




冬場ならもっと気持ちいいんだろうなー・・・。




その感覚にも慣れてくると、いよいよ激しくピストン運動を繰り返す。

あおいちゃんの狭い口、熱い口に刺激され、すぐに射精。

ドピュ、ドピュ、ドピュ。

しかし、うかつにも射精の瞬間抜き遅れて、1度目のドピュをあおいちゃんの中で発してしましった。

残りの精液はあおいちゃんのフワフワした陰毛に着地した。




「ごめん、一瞬、中に出たかもしれない。」
とあおいちゃんに謝る。

あおいちゃんは、一瞬「え?」って顔をしたが「前中に出されても何も無かったし大丈夫とおもう。」
と自分を取り戻した。



あおいちゃん陰毛についた精液をティッシュでふいてあげると、シャワーへ向かった。




あおいちゃんは、性格、セックス、礼儀など最高のレベルの女だった。

PC MAXでは、元リフレ嬢や現役リフレ嬢が多いが、ターゲットを彼女たちに検索で絞れば、おいしい思いできる可能性が高まると今回改めて思う。


またPC MAXでリフレ嬢を探し出したい!

出会いSNS PCMAX(PCマックス)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

アダルトチャットならジュエル

JK店・体験動画&漫画

ページ上部へ戻る