ブルーオーシャンメロンジュース










あの時とは違う顔ぶれ









メロンジュースの登場で、リフレは完全に次元が変わった印象を持ちました

今のお客様ニーズに応えるには、質を重視しなければなりません

メロンジュースは、安いものではなく、質を追求した商品であるべき




結果、質の高い選択肢が増えました

次のメロン、次のメロン、と行きたくなる




これは「ブルーオーシャン」の戦略そのものです。

他と同じ商品やサービスを提供していれば、必然的に限られた市場の中で、競合他社としのぎを削り、価格競争に巻き込まれていきます。

これを血みどろの「レッドオーシャン」と呼び、「ブルーオーシャン」とは、未開拓の領域を切り拓いていけば、無競争で市場を総取りできるという考え方です。




リフレ店の場合、何か一つ成功すると、その成功例を続けていこうとします。

しかし、それでは、今のお客様のニーズには応えられません。どんどん変えていくことが大切です。


ですから、メロンジュースも、質の良さ、おいしさに自信が持てる商品だったので、オープン直後にリニューアルさせました。

おいしいものほど飽きるのも早く、どんどんリニューアルをしていくことが必要だからです。

美人は三日で飽きブスは三日で慣れるという言葉もありますが、どれだけ可愛くても常に変化し続けなければならないのです。




リフレのお客様が商品を選ぶ目は、ほんとうに繊細です。

メロンジュースは、お客様の品質に対する感覚を正確にとらえた提案を行い、他との違いを打ち出した商品になっています。

それだけの差が生まれていると、もはや「リフレ」とひと括りにして論じることはできません。

他店とは次元が異なり、「似て非なるもの」と言っても過言ではないでしょう。


○○○は可愛い子多いけど、所詮おむすび屋さん

メロンジュースは、コンビニ感覚でより取り見取り何でも出来る


o0480066513672431776


十人十色




どこのリフレにも居ない逸材も




JKビジネスは、規制され続けます。

従来と同じ発想でやっていったら、マーケットが小さくなることで競争が激化していくでしょう。

しかし、独自の視点で、他としっかりと差別化できるようなキャストやサービスを生み出していけば、新たな市場が創造できるので、JKビジネスの規制は決してマイナス要因ではありません。




変化が生じれば、そこには必ず新しいニーズが生まれます。

それに応えるキャストやサービスの提供を行っていけば、成長の途が拓かれると、確信しています。

メロンジュースは、変化を恐れずに、新しい挑戦を常に行い続けます。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る