売春管理は、警察もヤクザも興味示さない=誰でも出来る






売春管理は誰でも出来る


2013年6月、広島県呉市で16才の少女が元同級生に殺害された通称「広島LINE殺人事件」では、主犯格の少女が援デリで「月に100万円売り上げていた」というサイドストーリーも話題になった

16才の女の子でも出会い系やLINE・Twitterを駆使すれば売春管理は容易


女の子自らが客を取る個人売春や、女の子が3、4人居ればそれらを動かして女衒の真似事をする「プチ管理売春」のような援デリ商法が盛んになってくるのも、無理からぬこと




これらは「管理売春」とみなされて摘発対象だが、売春を斡旋したとしても未成年や不法滞在者、ビザのない外国人などを使わない限り、ほぼ摘発されない

援デリや主婦売春をやっていても、組織犯罪にならない




勿論、厳密に言えば売春は違法

しかし、罰則規定が弱い、もしくは無い部分を突いている




こうした裏セックス産業は、どれほどの市場規模なのか

現在の日本で合法とされているセックス産業は約5兆円


一方で、裏風俗は500億円と推定




500億円という数字

これは、それほど大きく儲けられる市場ではない




裏風俗では、体を売って小銭が稼げればいいという個人事業が中心になっている

大きなお金が動かないところには、警察もヤクザも興味示さない




実際、歌舞伎町や大久保あたりでは、明らかに売春婦であっても警察が何も声をかけないことなどざらだし、新宿の売春スポットとして有名なハイジアは歌舞伎町交番と同じ区画にあるほど




摘発が厳密でないことは、裏と表の敷居の低さをさらに促進

売春管理は、誰でも気軽に始められる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る