歌舞伎町のJKカフェ『みんなのこどもカフェ』についていけない




ライター:ワンパンマン

店舗情報


【店名】みんなのこどもカフェ

【住所】: 東京都新宿区 歌舞伎町1丁目23-14 第1メトロビル 3F

CYpiEVxUMAAH-lM


【サイト】http://ameblo.jp/kodomo-cafe/

【電話番号】03-6233-8577

【業態】:JKカフェ

【営業時間】
12時00分~5時00分(JKは22時まで)

【店外】歌舞伎町一番街に入って直ぐ

【店内】狭いカウンターのバー

【店の雰囲気】:常連でまったり

【接客スタイル】:カウンター越し。良い意味でグダグダ

【ドリンク】:普通

【フード】:食べてない

【女の子がつく時間】:てきとー

【女の子の全体レベル】:普通

【店長】






利用環境



【利用日】:2016年3月

【利用経験】:1回

【利用方法】:いつも居るJKのビラ配りに客引きされたかったのに肝心な時に居ないから直接店まで行った

【待ち時間】:0分

【割引使用の有無】:Twitterの初回割で基本料金半額

【費用】:基本料半額20分400円+1ドリンク500円=900円



みんなのこどもカフェについて



みんなのこどもカフェとは、歌舞伎町にある老舗JKカフェ。

2011年にOPENし今年5年目。

同じ新宿にあったJKカフェのJKコレクションは、ここの常連客がみんなのこどもカフェを真似て開業。


在籍は20名前後で、現役JKが殆ど。


JKカフェだけど、用意してある調味料と調理器具の数がとてつもない。
普通の喫茶店か定食屋レベル。




メニューはこんな感じで可愛らしいのに…


kodomo




色々カオスな所も。






2016.02.28には『みんなのこどもちゃん』というJC・JKメンバーのアイドルグループ?も結成したらしい。






5年以上歌舞伎町で店を構えている事、店の空気、多様な活動、Twitterのファボ等を見ていると、俺たちの知らない所で知らない文化を作り上げて好き勝手自由に楽しんでいる印象を受ける。




『有吉ジャポン』で紹介されていた事もあり、健全な店である事は間違いないが…とりあえず訳が分からない。

w




wwwwwwwwwww





店舗へ向かう



CO3RCP2UEAAnHp9

歌舞伎町の一番街に入ってちょっと歩くと、左の方に制服で客引きしてるJKが居るので話しかける。

JKが居なかったら勇気を出して第1メトロビルに入る。




みんなのこどもカフェは3階。

JK好きなら間違えて4階に行くと死ぬ。

IMG_6516



3階の店の外はこんな感じ。

IMG_6520

IMG_6521




外にJKのものと思われる私服が放置。

JK好きが盗んでいかないのだろうか?

IMG_6523





取り合えず中に入ろう。

IMG_6522



店内へ入る



店に入ると、カウンターのJK2人がギョッとした顔で見てからワンテンポ遅れて

「いらっしゃーい」


ここは常連客がメインの店で、客引きされたわけでもなくフラッと店に立ち寄る新規客は珍しい。


お絞りをもらい、みつあみで眼鏡のJKから「20分800円で自動延長です」など店の簡単な説明を受ける。

すると、カウンターの隅に座っているガタイの良いおっちゃんがスマホアプリゲームをしながら「新規客は半額の400円だよ?Twitter見てないの?」とJKを注意。

JKは「そうなの?」と言い、隣の金髪ショートJKが「そうそう!」と。

みつあみ眼鏡は、最近出勤してないから知らなかったらしい。




ガタイの良いオッチャンが店長なのか?と思ったが、ただの常連客。
既にJKたちとは何でも言い合える良い関係性を作っているようだ。

ほとんどドリンクには口をつけておらず、JKを無視してずーっとゲームしてる。
自分の家のようにくつろいでた。


俺の他に客は2人。

もう1人の客はスーツを着たサラリーマン。
金髪ショートに「これ、紀伊国屋で買ってきたからあげる」と何か本か手帳のようなものをプレゼントしてた。

金髪ショートはほとんどノーリアクションでそれを受け取る。


なんだこいつらの自由さはw
皆が家に居るかのようなまったりとした空気で、幸せそう。

大家族のバラエティ番組を観せられているような光景。
JKカフェがこんな雰囲気をどうやって作ったのだろう。


新規客は何となく居心地の悪さを感じるかもしれないが、この店の空気に慣れたらグダグダダラダラと幸せな時を過ごせるだろう。


トマトジュースをオーダーしたら缶をそのままコップに注いでたw

これで1杯500円のボッタクリ価格。

「こんなんで500円取られるの!?w」と、俺が言うと「ここはそういう店だからw」と返されて笑った。


カウンターに料理で使うボウルが置いてあり、中を覗き込むと親指サイズの冷凍エビが10匹くらい解凍中。

「なにこれ?」と俺が言うと「これから海老ピラフ作るから戻してるの!この店の料理は全部手料理だよ。最近手料理食べてる?」と痛い所を突いてくるJK




みんなが飾ることなく自由だし、あったかい。




丁度20分経つ頃に、パーカーのフードを被った店長が買い物から帰ってきた。
スーパーのビニール袋を両手に持ってて、発砲スチロールをカウンターにドカンと置いた。

JK2人は「うわぁ!飯だぁ!!!」と黄色い声ではしゃぐ。

発泡スチロールをあけると、謎の魚が丸々1匹ww


今からこれを店長がさばいて料理を作るらしい。


なんというアットホームさ。

ここが本当のアットホームカフェ。

よし帰ろう!




まとめ


・温かくて自由な空間が作れている
・みんな幸せそう
・ここの常連になったら幸せ
・健全なJKビジネスのお手本



【店総合】

美少女 ★★★
若さ  ★★★★★
癒し  ★★★★
エロ  ★★
コスパ ★★
評価  B





この店の自由な温かい雰囲気とカオスさはヤバイ。

ニートになってなーんにも予定がこの先の人生に無いときに中野ブロードウェイに行った時のようなまったり感。

タイにバックパックで旅行に行って、カオサンロードの自由さいい加減さ温かさに「もうここで一生ぐだって生きてればいいや」と思いたくなるような投げやり感。

そんな形容しがたい温かさがあった。

ダメ人間になってこの店に通ってるだけで何となく楽しめる場所。








みんなのこどもカフェのHPをチェックする▼






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る