【極秘】アンダーが潜む雑居ビル


 
 
 
ライター:ナマハゲ
 
 
 
アンダー(18才未満の女の子)が潜む店を少ない情報の中から見つけ出し、そこへ向けて冒険するのは、ドラクエ全盛期のオッサン心を擽ってやまないだろう。
 
 
失敗したら死ぬ(社会的に)ということも、RPGそのもの。
 
 
s-dq6-90
 
 
 
人生はRPGであり、冒険。
 
 

男なら、冒険心をいつまでも忘れたくないし、JKを求め続ける本能を抑え込むなんて出来ない!
 
 

そう考える人は、あまりにも多い。
 
 

それがどれ程のリスクと知っているのか知らないのかは不明だが、恐らく彼ら共通の思いはこれに尽きる。
 
 
 
 

「大丈夫。アンダー店に潜入しても、生きて帰ってこれる」
 
 
 
 

そう思ってはいないだろうか…?
 
 
 
 
しかし、その根拠は一体どこにある?

 
 

あなたが今、こうしてこのブログを読んでいられるのは、たまたま運が良かっただけ。

 
 
そして、今こうして普通の生活が出来ているかもしれないが、いつ、自ら仕掛けた爆弾が爆発するかも分からない。

 
 

心当たりのある方は、それを肝に銘じよう。
 
 
 
 
 
 
 
 

禁じられた楽園

 
 
 
 
今年の春。
JKコミュという最後の楽園が一斉に摘発されたことは記憶に新しいが、まだ楽園はこの世界にひっそりと隠れている。

 
 
country59_1_20130505103117
 
 
 
 
禁じられた楽園。
 
 

決して、存在してはいけない世界。
 
 

まだ、残っている。
 
 

私はその情報を、某有名Twitterアカウントから聞いた。
 
 
 
 

けしからん噂を聞いたら即断即決
 
 

楽園は一瞬で崩壊する。

 
 

成敗しにいかねばならない。
 
 

「悪い子はいねぇか~」のナマハゲのノリで、俺はアンダーが潜むとされるリフレを巡回する義務があるのだ
 
 

これは、JKビジネス界の愛と平和を守るための巡回。
 
 

アンダーとチョメチョメしたいわけではない。
 
 

「噂の真相を、この目で確かめたい」
「まさかそんなことあるはずがない」
 
 

ということを、確かめにいくだけ。
 
 

 
 

純粋な好奇心。遊び心。決して、やましい気持ちがあるわけではない。
 
 

 
アンダーが潜むこの店は、まともなHPは無く、萌えナビのようなサイトにも掲載されていない。
 
 
ペラッペラのアメブロに、女の子の出勤予定表と思われる謎の暗号が羅列されているだけで、わかる人でないとこれは一体なんなのか謎。
 
 
img1f1a23a0zik3zj
 
 
このアメブロは、地中深くに埋められた宝の在処を示す地図。
 
 
地図に書かれた暗号が、オッサンのハートをパチパチさせる。
 
 
このアメブロには店の住所が載っていなかっため、店の住所は「○○○ 住所」のGoogle検索で調べた。
 
 
最寄駅が判明する。
 
 
俺があまり好きでないエリアだったが、アンダーが待っているとなれば話は別。
 
 
 
 

 
 

ふしぎなダンジョン

 
 
 
 

某駅到着
 
 
改札を出る前に、雑居ビルの住所をスマホのマップで検索してみた。
 
目的地が徒歩5分ほどの距離に表示されたので、安心して改札を通過。
 
 
中国エステと思われる怪しく煌びやかな看板が、路上にドカドカと置かれている。
 
 
21raQO9r9obrC8J1444652389_1444652436
 
 
 
こういった店の一部にも「抜き」はあるのだろう。
 
 
先月の仕事帰り。
「怖いもの見たさ」「看板女性の美しさ」「抜き」の期待に釣られて、一度こういった店に入ったことがある。
 
 
8000円を支払い個室に通された後、登場したのは日本語がほとんど話せない30代半ばの中国人女性。綺麗でも不細工でもない。
 
40分間、ほとんど会話のないまま無機質な按摩を受けて、特にサプライズも無いまま終了。
 
 
実にむなしい40分間と8000円だった。もう2度と中国エステには行かないだろう。
 
 
BBAには1円も払いたくない。これは、俺のポリシーだ。
 
自分が稼いだお金は全てJKに貢いでやる。
 
それくらいの気持ちで生きていかないと、自分は何のために働いているのか分からない。
 
 
 
 

人は誰しも自分の人生に意味を、生きがいを求めている。
 
 
俺の人生は、JKのためにある。今後の人生の全ては、JKに捧げよう。
 
 

人は、誰かになれる
 
 
 
 
img_0
 
 
 
 
 
 
JKに対する思いを高鳴らせながら、スマホで地図を見つつ歩き続けて5分。
 
 
口コミ情報によると、ネイルサロンとiphone修理の店がある***********という雑居ビルが目的地。
 
 
 
 

e
 
 
 
 
安っぽいラーメン店を曲がる。
 
 
細い路地に入ると、目的地らしいクリーム色の雑居ビルがあった。
 
 
手書きのネイルサロン看板が出入り口に置かれている。
 
 
開け放たれたドアから雑居ビルに入り郵便ポストを確認すると、最上階がiphone修理店、4階がネイルサロン。
 
 

BINGO

 
 
ここだ!間違いない!
 
 
小さくガッツポーズをして、スマホを腰につけたスマホケースへ収納。
 
 
 
 

アンダーのアジトへ潜入!

 
 
 
目的地は*階。
 
 
郵便ポストやエレベーターに店の名前は書かれてないが、エレベーターは*階に止まるようだ。
 
 
エレベーターに乗り、*のボタンを押す。
 
 
れべ
 
 
少し揺れながら上に上がる古いエレベーター。
 
 
この扉が開いた向こうには、どんな世界が待っているのだろうか。
 
 
 
 
これは、テンチョーという悪い奴に捕らわれの身になったお姫様アンダーを助けにいく物語。
 
 
あい
 
 
勇者はついに悪のアジトを発見し、潜入に成功したのだ!

 
 

 
 

エレベーターの扉が開く。

 
 

エレベーターを降りた先には階段があり、そこを上った。

 
 

たどり着いたドアには、堂々とこの張り紙。
 
 
CQdr9XvUAAAKDiy

 
 
間違いない。ここだ。

 
 
ドアを開ける。
 
 
 
 

JKリフレには似合わないクラブミュージックが大音量。
 
 

店内は薄暗いが、比較的清潔でこぎれいな雰囲気。

 
 
受付をのぞき窓からのぞきこむと、ウシジマ君に出てきそうな店員が居た。
 
 
CRHoaftUcAA9FMI
 
 

忙しそうに電話している。
 
 
店員 受付終了ですね…はい、すいません…いえ…ご予約の電話は無かったと思うのですが…
 
 
面倒くさそうな電話客の応対に時間を取られていたので、俺は店内をグルリと見渡す。
 
 
 
 
靴箱には革靴がズラリと並び、スリッパは無い。
 
 
既に大勢のサラリーマン客が来店しているのだろう。
 
 

これは待ちだな…
 
 
 
 

店員 すいません。お待たせしました
 
 
電話が終わったようだ
 
 

 
 

店員 今なんですけれど、女の子ほぼ全員受付終了になってしまいまして…、この子かこの子を30分のみのご案内となってしまうのですが…

 
 
 
 

どんな人気店だよ…
 
 

JKリフレ全盛期のような活気を感じた。

 
 
 
 

 じゃあ、この子でいいです。

 
 
 
 

店長 ありがとうございます。では、30分4000円です。
 
 
 
 

俺は財布から4000円抜き出し、店長に手渡した。
 
 
 
 

店長 えーとご案内が約30分後になりますので、お名前お伺いしてもいいですか?
 
 
 
 

 ヨシダ(仮名)です。

 
 
 
 

アイテム調達

 
 
 
 

店を出た。30分後に再来店予定。
 
 

金を払わせてから待ち時間がある事を伝えるなよ…。
 
 
そう思いながらエレベーターで1階まで行く。

 
 
 
 
しかし、待ち時間があることや、額に汗かきながら1人店を切り盛りしているロン毛店長の様子を見る限り、客入りは相当良さそうだ。
 
 
女の子にはまだ会っていないが、店内の空気が既に信用できる。
 
 
上玉な女の子が潜んでいそう。
 
 
 
dq122
 
 

 

30分間、何をして時間を潰そうか。
 
 
 
 
近くに薬局があったので、フラリと立ち寄る。
 
 
 
 
お茶が安い!

 
 

mini_121106_1327

mini_121106_1327

 
 
アイテム お茶をゲット!
 
このアイテムは、女の子の口内を洗浄したり自分の口臭を消したり緊張をほぐしたり様々な用途がある優れもの。
 
 
 
58円のお茶を購入するのにレジで1万円札を出し、千円札を出来るだけ多く財布の中へスタンバイさせておく。
 
 
千円札が多ければ、細かいオプションに対応できる。
 
 
アンダーが潜む店ともなれば、相場は当てにならない。
 
 
どれくらい費用が掛かるのか従来のリフレ店よりも読みにくいが、アンダーともなると我を忘れて散財してしまいそうだ。
 
 
店に入ってスグ個室に案内されれば勢いで体当たりできるが、こうして待ち時間が発生し「考える時間」が出来ると、少し冷静になれる。
 
 
だが、アンダーを目の前にした途端、全てが壊れるのはもう分かっていた。
 
 
 
 
 
 

アンダーが現れた!

 
 
 

時間10分前だが、店内に戻ってみる。

 
 
 
 
店員に「もう入れますか」と聞くと「少しお部屋で待つことになりますが」と言われたので、そうさせてもらう。

 
 
 
 

個室に入りケータイをいじり続けて約20分。

 
 
ようやくカーテンを開けて女の子が個室へ入ってきた。
 
 
 
 

第一印象。
 
 
 
 
疲れた顔してるなー…
 
 
 
 

女の子 はじめまして
 
 
 
 
そう言いながら、俺の目の前に正座する。
 
 
 
 
 どもー何才?

 
 
俺はそう言いながら、女の子の太ももをスリスリ触った。得に嫌がる様子は無い。
 
 

女の子 じゅーはち
 
 

俺 (絶対嘘だろ…)へー高3?
 
 

女の子 高校いってないけどね
 
 
 
 

太ももをスリスリ触っていた手を、スカートの中へ入れる。パンツの上から擦る。
 
 
 
 
女の子 んんっ…
 
 
 
 
 (この子は絶対にいける)いくらでできる?
 
 
女の子 何を?
 
 
 出来ることのマックスでいいよ
 
 
女の子 何がしたいのか言ってくれないとよく分からない
 
 
 
 

相変わらず疲れたようなブスっとしたような表情をしながら、死んだような目つきで俺を睨みつける。
 
 

そのふて腐れた顔が、関西援交シリーズに出ていた美佳様ソックリだったのでそそる。
 
 
パンツの中に手を入れようとするが
 
 
女の子 何?何?い・や・む・り!
 
 
超不機嫌そうに拒絶
 
 
 
 

最強アイテムはやはり

 
 
俺は、女の子に「やりたいこと」を「具体的」に伝えた。
 
 

女の子 できる。やったことある
 
 
機械的に答える彼女。
 
 
俺は値段を伝える。
 
 

女の子 無理。そんな値段でやったことないから
 
 
しばらく交渉して、結局相場になる。
 
 
財布から決めた額を抜いて手渡すと
 
 
現金なものだ。
 
 
機嫌が良くなって口元に笑みを浮かべた。
 
 
目は相変わらず笑っていないが。
 
 
この年齢にして、福沢諭吉を手にすると口元が無意識にほころぶマシーンに改造されているのだろう。
 
 
 
 
渡したものを丁寧にしまった彼女を抱きしめて、そのまま上乗りになる。
 
 
ここまで5分も掛かっていない。
 
 
女の子の目が「早く済ませて」と訴えていた。
 
 
 
 

この個所は、ブログに掲載できない内容です。DMでお問い合わせください。
 
 
かこうい

 
 
 
 

女の子 なんで持ってきてないの?
 
 
もうここまでされた俺は、どうしてもそうしたかった。
 
 
女の子 もう少し足してくれるなら、いいよ。
 
 
 良いって?
 
 
女の子 ○んであげる
 
 
俺は、数字を言う。
 
 
女の子 それなら、いいよ
 
 
 
 
再び彼女は髪をかき上げて、舌なめずりする。

 
 
 
 

この個所は、ブログに掲載できない内容です。DMでお問い合わせください。
 
 
かこううう

 
 

 
 
 

STAGE CLEAR!!

 
 
 
女の子 良かった?
 
 
 最高…マジで。ありがとう…。

 
 
俺は起き上がる。

 
 
タイマーを見ると、残りは10分。
 
 
ただ過ごすには長く、語るにはあまりにも短い中途半端な時間。
 
 
俺は達成感を得て満足していたので、徹底して聞き役に回ることができた。

 
 
彼女の方も、色々と話したいことは溜っている様子。
 
 
今度は俺が、彼女の溜っているものを吐き出させる番。
 
 

 
 

女の子 他のバイトもしてるからさ、休みなくて遊びに行く暇はないよ。遊ぶとしたら夜中になっちゃう
 
 
 毎日バイトなの?
 
 
女の子 今日で40連勤くらいしてる
 
 
 は?なんでそんなに働いてるの
 
 
女の子 今しか稼げないからだし、今稼げるのに稼がないのって勿体なくない?
 
 
 それでも連勤しすぎでしょ。体壊すよ
 
 
女の子 もう壊してるよ。点滴しょっちゅう打ってるし、この前仕事中に倒れた
 
 
 リフレで?
 
 
女の子 もう1つの仕事。*****もしてる。新*で
 
 
 凄いね…。月にいくら稼いでるの?
 
 
女の子 8月は250万くらいで、9月は100万は超えてる。今月は今のところ80万くらい
 
 
 
 
絶対に盛ってるだろう…。
 
 
いや、盛っていて欲しい…。
 
 
あり得ない。勘弁して欲しい…。
 
 
 
 
 信じられない…。そんな稼げるの?

 
 
女の子 1日5万とか10万とか稼げるからそれでいくよ
 
 

俺 何に使ってるの?
 
 

女の子 夜にさ、飲みにいくと全部私が払いたくなっちゃうんだよね。だから遊びとかで消えてく
 
 
 ホスト?
 
 
女の子 ホストはもうハマり終えた。普通に飲み。友達と
 
 
 友達大勢でドンチャン騒ぎする感じ?
 
 
女の子 仲良い子は1人しかいないからその子と。私がその子の保護者みたいな感じ
 
 
 その子何才なの?
 
 
女の子 1*才
 
 
 …。
 
 
女の子 仕事のストレスとか解消しないと爆発するから仕事終わってからドカーンってやるんだけど、この前に行った時のドカーンが激しすぎて、マジで反省したのね
 
 

 いくらくらい使ったの?
 
 

女の子 50万くらいは使った
 
 
 何に!?
 
 
女の子 それは言えない。
 
 
 飲みとか遊びにとかでしょ?ホストではないの?
 
 
女の子 さっきからホストホスト言うけど全然違うし。あのさ、もっと遊び覚えたら?みんな言うけど、大金使う遊びがホストだけって思ってるでしょ?
 
 
 
 
俺は、1*才の女の子よりも世の中のリアルや、遊びを知らない。
 
 
遊べる範囲も、遊びに使えるお金の額も、人生経験の濃さも、この子に負けている 
 
 

 
 
女の子 だから今は貯金していこうって思ってる。**卒*したら、友達と一緒に部屋借りたいし
 
 

ピロートークでは無いが、リフレ終了後の残り時間が、この業界の現状や女の子のリアルを1番知れる時間。
 
 
話の流れでうっかりと口をすべらせたり、もうそのまま話してしまおうと思ってくれたりして、女の子から色んな情報を収集できる。
 
 

話の内容に信ぴょう性があって筋が通っているので、この子は本当に月収200万円を超えていると俺は信じた。
 
 

「この店では私は売れているほうじゃない」と謙遜していたが、鬼出勤と他のバイト掛け持ちでそれくらいいくのだろう。
 
 
その分、体を壊したりストレスが爆発して浪費したり暴飲暴食で激太りしたり激ヤセしたりと、常に不安定なジェットコースターのような毎日を送っている。
 
 
 
 

女の子 今月は生理3回来てるからね
 
 
 え?
 
 
女の子 血が止まらなくて。生理かなって思ったけど違って不正出血で。3日くらいで止まって。止まったと思ったらまたダーって血が出て、また3日くらいで止まって、また血がブアアアって出たからいい加減にしろ!って思ったら、あー今度は生理かみたいな
 
 
 …ふふ
 
 
女の子 ストレスがやばい
 
 
 
 
タイマーが鳴る。
 
 
 
 
女の子 じゃあ、今日はありがとうございました
 
 
 頑張ってね。
 
 
 
 
女の子に見送ってもらい、雑居ビルを出る。
 
 
色々とスッキリしたが、相当今日も色んなことを考えさせられた。
 
 
何が彼女たちにとっての幸せなのだろうか。
 
 
 
 

とりあえず、アンダークエストのX駅ステージはゲームクリア!
 
 
俺はアンダー姫を助け出した!
 
 
次はどこに捕らえられているアンダー姫を助けに行こうか
 
 

しかし、このステージにもまだまだアンダー姫の匂いはプンプンする。
 
 
もう一度、いや、二度、三度、潜入する必要はありそうだ。
 
 
 
 
dq1-13-princess1-c0f5b
 
 
 
 
やれやれ…体がいくつあってもたりない
 
 
 
 
 
 

まとめ

 

 
 
カワダです。
 
 

お客様が、18才以上の成人女性を18才未満のアンダーだと妄想するのはよくある事。
 
 
噂が噂を呼び、アンダーが居るリフレだと誤解されたり、出来もしないことが出来ると勘違いしている人も多く見受けられます。
 
 

正しい情報が何なのかあいまいなこの業界ですが、お客さんがあれこれ詮索する必要は全くありません。
 
 
ありのままを、楽しめばいいのです。
 
 
川の流れに身を任せるように、本能のままに、ルールは絶対に守って。
 
 

 
 

まだまだ知らない世界が沢山あるはずです。
 
 
 
 

知らない世界を知りたかったり、この記事の完全版に興味がある人は、
 
 
いつでも
 
 
Twitter:JKリフレ嬢あるある

Eメール:gfjknv@yahoo.co.jp
 
 
までご連絡ください。
 
 
どのようなお問い合わせ内容であれお応えしていきますが、援交や淫行など犯罪となるような行為は推奨・奨励しません。
 
 
その上で、貴方が1番求めている答えを提供することは可能です。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 3月 02日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

店舗一覧

カテゴリー

おすすめリンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

JK攻略法!

ページ上部へ戻る